ドラマ『グランメゾン東京』の名セリフ・名言集

ドラマ『グランメゾン東京』

店も仲間も失ったカリスマシェフ・尾花夏樹(木村拓哉)が、ある女性と出会い、再起をかけて大奮闘。

どん底まで落ちた男は空回りし、衝突しながらも、三ツ星レストランの称号を得るため突き進む。大人の青春をかけたヒューマンストーリー。

 

 
【放送日】2019年10月20日 スタート
【出演者】木村拓哉、鈴木京香、玉森裕太(Kis-My-Ft2) /尾上菊之助/及川光博、沢村一樹 ほか

【登場人物】
尾花夏樹(木村拓哉)…三ツ星に手が届かず、壁にぶつかるフランス料理のシェフ。

早見倫子(鈴木京香)…三ツ星を目指すシェフだが、料理人としての限界を感じている。
 

名言集の目次

第1話 奇跡と感動の料理人
第2話 仲間と作った涙の料理
第3話 肉料理でライバルに勝て
第4話 最大の敵現る!
第5話 犯人は私!涙の告白
第6話 レシピを取り戻せ!
第7話 世界レストランランキング
第8話 師匠から受け継ぐ魂

 

第1話の名言集

主人公・尾花夏樹:

レストランやらない? 俺と一緒に。

俺は もうミシュランの星がついてるような
店では働けない。でもあんたは星がとりたい。

だったら あんたが店を開いて
俺と一緒に星を取ればいいでしょ。


主人公・尾花夏樹:

2人で一緒に 世界一のグランメゾン
作るってのはどう?


主人公・尾花夏樹:

すべての客は平等だって あれ 嘘だったのか。

(ミシュランの)調査員たちに出した料理と
俺たちに出した料理 差があったよな?


パリ時代の同僚・京野陸太郎:

店を始めるっていうのはな
シェフに人生預けるっていうことなんだよ。

そんな奴に俺の人生
もう一度預けるっていうのか!ふざけんな!


シェフ・早見倫子:

尾花夏樹の料理には
人を動かすチカラがある。


シェフ・早見倫子:

尾花さん 最低の人間です。
身勝手で適当で、誰の意見も聞こうとしない。

でも..不器用なだけなんだと思うんです。

だって性根まで腐った人間に
あんなに美味しい料理作れる訳ありませんよ。


 
続きを読み込む

スポンサーリンク
レクタングル(大)
スポンサーリンク
レクタングル(大)