ドラマ『TOKYO MER〜走る緊急救命室』の名セリフ・名言集

どんなドラマ?

救命救急チーム“TOKYO MER”を舞台に繰り広げられる医療ドラマ。チームのリーダーでスーパー救命救急医・喜多見(鈴木亮平)らが、事故、災害、事件現場に駆け付け奮闘する姿を描く。

ドラマの目次

第1話 危険に挑む救命チーム誕生
第2話 研修医の試練

第1話 7月4日放送

喜多見幸太
鈴木亮平

「どの命が重要か」なんて 俺たちに決める権利はないですよね。

医者に出来るのは、ただ「目の前の命を救うこと」だけですよ。

喜多見幸太
鈴木亮平

助けを求めている人を「待っている」のではなく「こちらから行く」

このチームがいるってだけで「みんなが安心する」

TOKYO MERは、そういう存在になりたいと思ってます。

赤塚梓
石田ゆり子

ドクター喜多見幸太以外に、TOKYO MERを任せられる逸材を私は知りません。

喜多見幸太
鈴木亮平

最高のチームの誕生ですね(笑)

スポンサーリンク
レクタングル(中)
スポンサーリンク
レクタングル(中)