ドラマ『俺の家の話』の名セリフ・名言集

どんなドラマ?

宮藤官九郎が脚本を手掛けるオリジナルホームドラマ。

かつて人気プロレスラーだった“ブリザード寿”こと観山寿一(長瀬智也)は、けがや年齢もあり今は小規模なプロレス団体で細々と試合に出ている。ある日、寿一の元に父親・観山寿三郎が危篤との連絡が入り、寿一は20年以上ぶりに家族と再会する。

名言集の目次

第1話 濃すぎる家族の全力介護

第1話の名言集

観山寿一(長瀬智也)

ロープに飛ばされている最中だが
今から俺の家の話をする。


観山寿一(長瀬智也)

親父の跡をつぐ継ぐ理由が、
そんなどっかから借りてきたような
言葉で言いわけがない。

もっとオリジナルの世界中で
俺しか俺しか持ってねえような
世界タイトルチャンピオンベルトみてえな。

そんな 何かじゃないと納得できねえ。


志田さくら(戸田恵梨香)

親の跡を継ぐって
一番 楽っていうか・・・・

安易なコースじゃないんですか?

親の敷いたレールの上を
何も考えずに歩くだけでですよね。


観山寿一(長瀬智也)

子供は 親に褒めてもらいたい。


観山寿三郎(西田敏行)

お能というのはな
神様に奉納する神聖なる芸能なんだよ。

オムツ替えた手で舞えるか。


スポンサーリンク
レクタングル(大)
スポンサーリンク
レクタングル(大)