ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』の名セリフ・名言集

ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』

新しい「結婚」の形、そして「仕事」について考えさせられるとともに、個性豊かな登場人物たちとの人間関係も交え、笑って泣いてキュンとする社会派ラブコメディ

逃げ恥の名セリフ・名言集

津崎の会社の後輩・風見涼太:

君のことは好きだし、一緒にいる分には楽しい。じゃ君はさぁ、なくても困らないものをわざわざ買う?


主人公・森山みくり:

結婚という名の永久就職をすれば、職探しスパイラルから解放されるのかしら・・


みくりの伯母・土屋百合:

なんだかんだ言って良いわよね、お互いにただ一人の相手がいるって。誰からも選ばれない人生より素敵じゃない?


みくりの伯母・土屋百合:

誰かに選んでほしい。ここにいていいんだって認めてほしい。それは贅沢なんだろうか?


みくりの伯母・土屋百合:

みんな誰かに必要とされたくて、でも上手くいかなくて、いろんな気持ちをちょっとずつ諦めて、泣きたい気持ちを笑い飛ばして、そうやって生きているのかもしれない。


地味な会社員・津崎平匡:

僕はプロの独身なんで・・


兄・森山ちがや:

式っていうのは、周りの人のためにやるもんなんだよ?

地味な会社員・津崎平匡:

おっしゃることはごもっともです。でもあまり付き合いのない知人を招いて、大々的なまつりごとをするよりも、

静かで、ささやかな、そういった暮らしを大切にしたい。それが僕たち二人が目指す生活です。


津崎の父・津崎宗:

男が家庭を持つということは、すべて背負って責任を持つってことじゃ。


プロの独身男・津崎平匡:

逃げたっていいじゃないですか。ハンガリーにこんな諺があります。

『逃げるのは恥。でも役に立つ。』

後ろ向きな選択だっていいじゃないか。恥ずかしい逃げ方だったとしても、生き抜くことの方が大切で・・その点においては異論も反論も認めない。


主人公・森山みくり:

プロの独身って?

プロの独身男・津崎平匡:

端的に言えば「平穏」です。それ以上でもそれ以下でもありません。

- 刺激よりも平穏を愛する。それがプロの独身の極意・・


プロの独身男・津崎平匡:

知らないって怖い。僕はこれまでどれくらいの人を、どれくらい傷つけたんだろう。


プロの独身男・津崎平匡:

職場とは、従業員の努力だけではままなりません。雇用する側も努力しないと。


主人公・森山みくり:

醸し出しましょう、新婚感。

プロの独身男・津崎平匡:

出しましょう、親密感。


プロの独身男・津崎平匡:

僕たちの罪悪感は..僕たちで背負うしかないじゃないでしょうか。

僕たち二人で..


みくりの伯母・土屋百合:

甘い!人生が予定通りにいくのなら、私は27歳で結婚していました。

小言おばさんやセクハラおばさん呼ばわりされているのを、誰が想像していたでしょうか?


平匡の上司・沼田頼綱:

仕事の半分は「仕方がない」でできている。

みくりの伯母・土屋百合:

残りの半分は?

平匡の上司・沼田頼綱:

「帰りたい」


主人公・森山みくり:

変わったんじゃないよ。気付いただけだよ。


バーのマスター・山さん:

人間は悲しいかな。見返りが欲しくなる生き物なんだよ。特に恋愛に関しては。


バーのマスター・山さん:

自分がかけた愛情と同等の愛情が返って来ないと不安になる。

愛情がなくても、同党の見返りがあれば満たされることもある。お金だとか。せいかつのあんていあとか。


バーのマスター・山さん:

でもね、想いが強いほど耐えれなくなるんだ。

俺ばっかり、あたしばっかりが積もりに積もって、関係は終わりを迎える。


みくり& 津崎:

あと一駅..あと一駅..

あと一駅..永遠に着かなければいいのに..


プロの独身男・津崎平匡:

プロの独身とは、人を簡単に好きにならないし、発展しない。むしろ発展させないことが重要だ。


(ドア1枚挟んで2人がメールを打ち合うシーン..)

主人公・森山みくり:

賞与、ありがとうございます。

きいていいですか? どうして私にキスしたんですか?

プロの独身男・津崎平匡:

・・

主人公・森山みくり:

・・


プロの独身男・津崎平匡:

今日はちゃんと先に寝てください。

主人公・森山みくり:

好きの嵐が・・。私の中の平匡さん旋風が・・


プロの独身男・津崎平匡:

今は死にたくない。今晩帰るまでは死にたくない。


プロの独身男・津崎平匡:

自分が決めつけられるのは嫌なくせに、人は偏見を持ってしまうのでしょう・・


主人公・森山みくり:

従業員としてなら簡単言える言葉が、どうして言えなくなるんだろう・・


主人公・森山みくり:

「穴があったら入りたい」とはこのことで、地球の裏側まで掘り進めたい気持ちでいっぱいで。

消えそうな付きの夜、わたしは303号室から逃げ出したのでした。


プロの独身男・津崎平匡:

どんな突拍子がなかろうと、イマジネーションは現実を変える力があると思います。


プロの独身男・津崎平匡:

あ、すみません。勝手に触ってしまって。

主人公・森山みくり:

触っていいんです。平匡さんだからいいって思ってるのに、どうして分かってくれないんですか。もう嫌だ。


プロの独身男・津崎平匡:

僕との生活が嫌になったってことですか。困ります。みくりさんは僕にとってもう簡単に手放せる存在ではなくなったんです。

主人公・森山みくり:

もうずるい!そんなこと言うと、どんどん好きになっちゃう。私ばっかり好きになっちゃう。


主人公・森山みくり:

さっき会ってたじゃないですか、可愛い子と。

プロの独身男・津崎平匡:

もし違ってたらすみません。調子に乗ってるわけじゃなく…もしかして、嫉妬してくれたんですか?


プロの独身男・津崎平匡:

ずっとみくりさんが僕のこと好きだったらいいのにって思ってました。ずっと。でも考えないようにしてました・・


 

現在、書き起こし中です…

「逃げ恥」の名言集の更新情報は、ニュースレターでもお知らせしています(^○^)


スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

お友達に拡散してね♪