ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』の名セリフ・名言集

ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』

新しい「結婚」の形、そして「仕事」について考えさせられるとともに、個性豊かな登場人物たちとの人間関係も交え、笑って泣いてキュンとする社会派ラブコメディ

逃げ恥の名セリフ・名言集

津崎の会社の後輩・風見涼太:

君のことは好きだし、一緒にいる分には楽しい。じゃ君はさぁ、なくても困らないものをわざわざ買う?


主人公・森山みくり:

結婚という名の永久就職をすれば、職探しスパイラルから解放されるのかしら・・


みくりの伯母・土屋百合:

なんだかんだ言って良いわよね、お互いにただ一人の相手がいるって。誰からも選ばれない人生より素敵じゃない?


みくりの伯母・土屋百合:

誰かに選んでほしい。ここにいていいんだって認めてほしい。それは贅沢なんだろうか?


みくりの伯母・土屋百合:

みんな誰かに必要とされたくて、でも上手くいかなくて、いろんな気持ちをちょっとずつ諦めて、泣きたい気持ちを笑い飛ばして、そうやって生きているのかもしれない。


地味な会社員・津崎平匡:

僕はプロの独身なんで・・


兄・森山ちがや:

式っていうのは、周りの人のためにやるもんなんだよ?

地味な会社員・津崎平匡:

おっしゃることはごもっともです。でもあまり付き合いのない知人を招いて、大々的なまつりごとをするよりも、

静かで、ささやかな、そういった暮らしを大切にしたい。それが僕たち二人が目指す生活です。


津崎の父・津崎宗:

男が家庭を持つということは、すべて背負って責任を持つってことじゃ。


プロの独身男・津崎平匡:

逃げたっていいじゃないですか。ハンガリーにこんな諺があります。

『逃げるのは恥。でも役に立つ。』

後ろ向きな選択だっていいじゃないか。恥ずかしい逃げ方だったとしても、生き抜くことの方が大切で・・その点においては異論も反論も認めない。


 

 
 

スポンサーリンク
レクタングル(大)
スポンサーリンク
レクタングル(大)