ドラマ『重版出来!』の名セリフ・名言集

火曜ドラマ「重版出来!」

柔道一筋だった主人公・黒沢心は、大手出版社・興都館に入社し、週刊コミック誌「バイブス」編集部に配属される。

編集のイロハを学んでいく心は、その世界に魅せられていく。一方で、単行本は3巻までに火をつけなければ厳しいという業界の現実も知る。

名言集 目次

みんなの感想

第1話:新人編集者奮闘記

重版出来 名言 1話


黒沢心 重版出来 名言 主人公の新米編集者・黒沢心:

面接は柔道と同じだ。

たった10人の採用。私は周りを蹴落とすんじゃない。10人に選ばれる!


興都館 社長 久慈勝 重版出来 名言 興都館の社長・久慈勝:

良き青年像を無理して演じるタイプの子は、入社後メンタルをやられる子が多いんです。


黒沢心 重版出来 名言 主人公の新米編集者・黒沢心:

面接は柔道と同じだ。

慣れると見えてくる。相手の心の動き、息遣い。

技は相手が息を吐くと同時に仕掛ける!


興都館 社長 久慈勝 重版出来 名言 興都館の社長・久慈勝:

棋士も雀士スポーツ選手も、本当に強い人は皆、体軸が一本通ってます。

そういう人間が文を持ってるんですよ。


安井昇 編集者残酷物語 重版出来 名言 安井昇【編集者残酷物語】:

小熊@新人、土足でタブーに踏み入る。若さ怖い。


漫画家 三蔵山龍 名言 重版出来 看板漫画家・三蔵山龍:

私はマンガを通してずっと伝えてきたつもりだった…

人間は尊く美しく、優しさこそ強さなんだと。


副編集長 五百旗頭敬 重版出来 名言 副編集長・五百旗頭敬:

週刊連載ってさ、ゴールのないマラソンみらいなものなんだよ。


安井昇 編集者残酷物語 重版出来 名言 安井昇【編集者残酷物語】:

(速報)小熊@新人、猛獣を手懐ける。


黒沢心 重版出来 名言 主人公の新米編集者・黒沢心:

嘉納治五郎先生のお言葉です。「精力善用、自他共栄」

自身の力を最大限使って善い行いをし、他者を敬い感謝する。

互いに信頼を育めば、助け合って生きていける。


icon-arrow-right第2話:これが僕の仕事だ!

icon-arrow-right最終回の名言集の見る

 

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

お友達に拡散してね♪