ドラマ『小さな巨人』の名セリフ・名言集

日曜劇場「小さな巨人」

日曜劇場初主演の長谷川博己!朝ドラ後初出演の芳根京子!結婚発表後、初出演の佐々木希!

エリート刑事が裏切り上司と戦う!旬な俳優陣でおくる警察エンターテインメント!

名言集 目次

第1話:敵は味方のフリをする

第2話:所轄刑事としての覚悟

第3話:所轄に裏切り者が!?

第4話:裏切り上司と直接対決

第5話:ついに芝署編、完結!
 

第6話:豊洲署編突入!

第7話:学園最大の闇は天下り!

第8話:警察の不正・政治家の癒着

第9話:本当の裏切り者は!?

最終話:宿命の対決が遂に決着!

第1話:敵は味方のフリをする

主人公・香坂真一郎:

警察組織において、自分を守る方法は、自分しかいない・・!敵は味方のフリをする・・


警視庁捜査一課長・小野田義信:

証拠はある!私の勘だ(笑)


前捜査一課長・三笠洋平:

与えられた仕事をこなし、定時になったら帰る。だが、それで良いんだよ、奴らは(所轄)。

その兵隊を動かす優秀な参謀がいれば良い。我々のような警務畑の人間がな(笑)


主人公・香坂真一郎:

前一課長と現一課長…畑の違うこの二人は“水と油”だ。

そして私は時に水となり、油にもなる。


警視庁捜査一課長・小野田義信:

警察には出世できる人間と、そうではない人間がいる。

そして一度出世の道を外れた者は、二度とその道に戻ることは出来ない・・

どの階級にも、最後に面接があるだろ?結局、最後は人が、人を決めるんだ。


主人公・香坂真一郎:

我々(所轄)には、この足しか使えないんだろ!だったら、その足を使って前に進むしかないんだッ!


刑事部捜査一課長付運転担当・山田春彦:

あなたは、所轄刑事に説明したことがありましたか?あるのは命令だけだ!


警視庁捜査一課長・小野田義信:

疑問を抱かず、上の指示に従う、それが組織で生きるということだ!

主人公・香坂真一郎:

あなたに従うことで組織で生きられたとしても、警察官としての自分は死ぬことになります。

それは絶対に出来ません。


警視庁捜査一課長・小野田義信:

覚悟なき者に、なにも言うことはないッ!


スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

お友達に拡散してね♪