ドラマ『Dr.倫太郎』の名語録・名言集

ドラマ『Dr.倫太郎』

主人公・日野倫太郎は、大学病院で働くスーパー精神科医

彼は最先端技術を駆使するわけでも、神がかった手術を行うわけでもない。

鋭い洞察眼人間力で、人々の心に寄り添い、その奥底にある病を解きほぐしていく。

第1話の名言集

主人公・日野倫太郎:

診療時間はおよそ50分。

その限られた時間、精一杯患者さんに寄り添い、強張った心を一瞬でもノホホンとさせるのが私の仕事だ。

 

主人公・日野倫太郎:

この世は住みにくく、心折れた人たちが溢れ返っている。

裕福で幸せそうな人も、健康そのものの人も、ラブラブの恋人の人も、誰もが悩める子羊なのだ。

 

主人公・日野倫太郎:

すべての精神疾患は病ではありません。

心の個性だと私は思っています。

 

主人公・日野倫太郎:

ある研究者の考えでは、恋愛とは、一過性の精神疾患のような状態です。

理性を奪う、非常に危険なものが恋愛というわけです。

 

主人公・日野倫太郎:

僕の好きなコメディアンはこう言っている。

「名言は好きだが、名言を言おうとする奴は嫌いだ。」

 

主人公・日野倫太郎:

あなたを傷つけた同僚たちは、あなたが妬ましくてたまらなかっただけです。

僕の好きなコメディアンはこう言っています。

「嫉妬はいつも、正義の服を着てやって来る。」


次ページ>> 第2話:恋愛は一過性の精神疾患

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

お友達に拡散してね♪