NHK朝ドラ『エール』の名セリフ・名言集

NHK連続テレビ小説『エール』

昭和の音楽史を代表する作曲家・古関裕而氏と妻で歌手としても活躍した金子氏をモデルに、音楽と共に生きた夫婦の姿を描く。

窪田正孝が福島で老舗呉服店の長男として生まれ、音楽と出合い才能を発揮する主人公・古山裕一、二階堂ふみが歌手になる夢を追い続ける関内音を演じる。

 

名言集の目次

 

第1週の名言集

裕一の父・古山三郎:

人生いろいろある。思い通りには行かね。

だから、なんでもいい。夢中になるものを探せ。

裕一の恩師・藤堂清晴:

違いを気にするな。

裕一の恩師・藤堂清晴:

人よりほんの少し努力するのが辛くなくて、ほんの少し簡単に出来ること。

それがお前の得意なものだ。

それが見つかれば、しがみつけ!必ず道は開く!

さらに名言集を読み込む

スポンサーリンク
レクタングル(大)
スポンサーリンク
レクタングル(大)