【毎週更新】ドラマ『二月の勝者―絶対合格の教室―』の名セリフ・名言集

どんなドラマなの?

2021年10月16日スタート 毎週土曜夜10:00

最強で最悪のスーパー塾講師・黒木蔵人(柳楽優弥)が、業績不振の中堅塾「桜花ゼミナール」の校長に就任し、新小学6年生に「全員を第一志望に合格させる」と宣言。

超現実的で本音主義の黒木が、鋭い洞察力と行動力で生徒の本質を見抜き、親の不安を解決に導く姿を描く。高瀬志帆の漫画がドラマ化

二月の勝者の名言集もくじ

  

放送終了後、名セリフの書き起こしを行います。

二月の勝者の出演者・キャスト

二月の勝者の出演者・キャスト

物語の舞台は東京・吉祥寺の中学受験塾、桜花ゼミナール吉祥寺校。業界トップの合格実績を誇るフェニックスをやめ吉祥寺校の新校舎長に着任した黒木蔵人は、「トップ校とされる学校群『御三家』の合格者がゼロに終わった『残念な校舎』の『テコ入れ』をする」ために来たという。「学習塾は、子供の将来を売る場所です」と新人講師の佐倉麻衣に言い放つ冷徹な顔とは裏腹に、小学校で逆学歴差別を受ける女子生徒・前田花恋や多額の費用をつぎ込んでの不合格への不安に駆られた父との関係に苦しむ男子生徒・島津順、不登校となった公立小学校における人間関係を断ち切っての難関校合格を夢見る女子生徒・柴田まるみなどの各生徒に時折見せる黒木の温厚さや、各学力層にいる生徒への深い理解に基づく指導は、次第に生徒・保護者の心をつかんでいく。

その一方で佐倉は「黒木は追加料金をもらった生徒のみの個別指導を裏でやるような人間であり、拝金の悪魔だ」とフェニックス時代の黒木の同僚・灰谷から教えられたり、深夜の歓楽街を出歩く黒木を目撃し、語られない黒木の素性(過去)を気にし始める。

そんな中、季節は秋になり桜花ゼミナールは各志望校別の対策講座へとその総力をあげるが、ある日島津家で事件が起きる。初回の開成対策講座から帰り、疲労困憊した日にまで教育虐待(自習の強制、成績降下を理由とした暴言・暴力行為など)を行う父に対してついに順が手をあげてしまい、父が警察を呼ぶ事態に発展したのだ。この知らせを聞き島津家へと介入した黒木の姿は普段と違った感情的なものであり、戸惑う佐倉と「塾講師は生徒の人生に責任が取れる立場じゃない」と激怒する桂に黒木は「生徒を潰したことがある」と、謝りながらも自らを家庭介入へと走らせた過去の経験を語り始める。

2年前、フェニックスの最上位クラス「サミット1」を担当していた黒木は「組分けテストでサミット1から落ちた生徒(晶)が教育虐待を受けている」と聞き、無神経にも大量の補習によって晶を実力以上の中学に合格させてしまった。「虐待から生徒を守りたいだけだった」と語る黒木の補習によって合格した彼は中学の授業についていけず、どれだけ勉強しても成績最下位層から抜け出せなくなってしまったという。公立中への転校を勧められる息子に「『理想の息子』になれないなら、出ていって!」と言い放った母の一言が引き金となって晶の家は家庭崩壊を引き起こし、彼はそのまま祖母の家に引きこもってしまった。結果的に、黒木の力による晶の合格は家庭の問題を解決できず、むしろ難関校進学が家庭を崩壊させたのだ。最上位クラスのみを担当させられてきた黒木は「合格後のことを何も考えていなかった」と、自らが家庭に対する想像力や共感力に欠けていることを痛感し、さまざまな家庭の姿を見ることで少しでもそれを補えないかと桜花ゼミナールにやってきたのだった。

「共感力に欠けているからこそ、皆さんの力をお借りしたい」と話した黒木と桂・佐倉は、生徒だけでなく保護者のメンタルケアにも全力を尽くそうと気持ちを新たにするのだった。

物語は佐倉の視点から書かれており、中学受験の経験がない佐倉や生徒の保護者たちに黒木が中学受験に関する知識を説明する場面が随所に登場する。また、多数の参考文献を基に作られたストーリーには、実在する学習塾・模擬試験・中学校などのパロディーが多数登場するに至るまでの徹底的な「現実感」へのこだわりがみられる。

 

第1話 10月16日放送
痛快人生攻略ドラマが始まる!

黒木蔵人(柳楽優弥) 黒木蔵人(柳楽優弥)
主人公・スーパー塾講師 みなさん、覚悟は出来ていますか?
黒木蔵人(柳楽優弥) 黒木蔵人(柳楽優弥)
主人公・スーパー塾講師 日本はこれから、
欧米諸国のように経済格差が広がり、

「搾取する側」と「される側」が
より顕著に分かれて来るでしょう。
黒木蔵人(柳楽優弥) 黒木蔵人(柳楽優弥)
主人公・スーパー塾講師 合格のために最も必要なのは、
「父親の経済力」と「母親の狂気」
黒木蔵人(柳楽優弥) 黒木蔵人(柳楽優弥)
主人公・スーパー塾講師 頭で考えただけでは
不可能だと思っていても、
実際にやってみないと分からない。
黒木蔵人(柳楽優弥) 黒木蔵人(柳楽優弥)
主人公・スーパー塾講師 不可能を可能にする。
それが中学受験です。
黒木蔵人(柳楽優弥) 黒木蔵人(柳楽優弥)
主人公・スーパー塾講師 凡人こそ、中学受験をすべきだ。
ということです。
黒木蔵人(柳楽優弥) 黒木蔵人(柳楽優弥)
主人公・スーパー塾講師 粘って頑張った経験のある人は、
受験でも強いですよ。
黒木蔵人(柳楽優弥) 黒木蔵人(柳楽優弥)
主人公・スーパー塾講師 ここは子供の将来を売る場所です。

我々の仕事は教育者ではなく、
サービス業です。

タイトルとURLをコピーしました