ミュージカル俳優・山崎育三郎の名語録・名言集

山崎育三郎(やまざき いくさぶろう)

俳優・歌手。1986年1月18日生まれ、東京都出身。2007年、ミュージカル『レ・ミゼラブル』のマリウス役で本格デビュー。以降、ミュージカル俳優として活動。2015年、TBS系ドラマ『下町ロケット』で、一躍注目を浴びる。2015年12月、歌手の安倍なつみと結婚。

山崎育三郎の名語録

無駄な経験なんてない。

 

怖いところにしか成長はない。

 

稽古でプレッシャーを感じて、どんなに辛い状況になっても舞台が終わった後のカーテンコールを経験すればやってよかったって思えます。

 

自分の幅を広げる

 

カーテンコールは経験した人にしかわからない快感があるんです。

 

僕はディズニー・アニメーションでミュージカルに出会い、ミュージカル俳優になったのでディズニー・アニメーションの声優はずっと憧れていました。

 

頭の切り替えは必要ですね。

 

ジャンルを越えて、自分の表現力を磨いていきたい。

 

1歩踏み出す勇気を持つことが環境を変えていく、自分自身を変えていくこと。

 

ありのままの僕を見せるしかないという気持ちになれました。

 

スポンサーリンク
レクタングル(大)
スポンサーリンク
レクタングル(大)