【毎週更新】ドラマ『インビジブル』の名セリフ・名言まとめ

画像出典:公式Twitterより

どんなドラマ?

放送開始:2022年4月15日
放送帯:毎週金曜夜10:00/TBS系

高橋一生演じる強烈な正義感を持つ刑事・志村貴文と、柴咲コウ演じる犯罪コーディネーター“インビジブル”が異色のタッグを組み、凶悪犯罪者を追う“中毒系ジェットコースターサスペンス”。相いれないはずの二人が、犯罪のプロフェッショナルに立ち向かう姿を描く。脚本はいずみ吉紘が手掛ける。

ドラマの放送日程
  • 第1話
    無骨刑事×女犯罪者 異色バディ誕生

    4月15日放送 視聴率9.4%

  • 第2話
    調教師の連続殺人!

    4月22日放送 視聴率7.0%

インビジブルの名セリフ①

キリコ / インビジブル(柴咲コウ) キリコ / インビジブル(柴咲コウ)
犯罪コーディネーター ねぇ知ってる?
この世にはね、「見える悪」と「見えざる悪」っていうのがあって、

私がいる裏の世界から、あなたがいる表の世界を覗くと、普段見えない悪が、うっすら透けて見えることがあるんだよ。
志村貴文(高橋一生) 志村貴文(高橋一生)
未解決事件捜査を行う刑事 無差別テロだろうが、何だろうが、今日の俺の目の前で大勢が爆発に巻き込まれた。子供もいたよ。

アレを仕掛けた奴がどんだけクズだろうと、被害は想像できたはずだ。分かってやってんだよ、そいつは。

お前が言ってるルールは通用しない。
今回のことに限らず、俺はそういう奴を捕まえるためだったら「手段」を選ばないってだけだ。
志村貴文(高橋一生) 志村貴文(高橋一生)
未解決事件捜査を行う刑事 「命を重さ」っていうのは、
失ってから気づくじゃ、遅えんだよ。
志村貴文(高橋一生) 志村貴文(高橋一生)
未解決事件捜査を行う刑事 居場所がないんだろ?居場所は「自分」で作るんだよ。
志村貴文(高橋一生) 志村貴文(高橋一生)
未解決事件捜査を行う刑事 俺はお前が疑ってるような事は何もしてねえぞ。

猿渡紳一郎(桐谷健太) 猿渡紳一郎(桐谷健太)
警務部のキャリア監察官 それを判断するのは、私です。
志村貴文(高橋一生) 志村貴文(高橋一生)
未解決事件捜査を行う刑事 俺は、これからも何を信じて、何を疑うかは、自分で判断させてもらう。
志村貴文(高橋一生) 志村貴文(高橋一生)
未解決事件捜査を行う刑事 居場所がないんだろ?
居場所は「自分で」作るんだよ!
志村貴文(高橋一生) 志村貴文(高橋一生)
未解決事件捜査を行う刑事 言っておくが、俺はお前が疑っているような事は、何もしてねえぞ。

猿渡紳一郎(桐谷健太) 猿渡紳一郎(桐谷健太)
警務部のキャリア監察官 それを判断するのは、私です。
志村貴文(高橋一生) 志村貴文(高橋一生)
未解決事件捜査を行う刑事 俺は、これからも何を信じて、何を疑うかは、自分で判断させてもらう。

ドラマのあらすじ・ネタバレ

1話のネタバレ・あらすじ

渋谷駅前広場で爆破事件が発生。警視庁刑事特命捜査対策班警部補の志村貴文(高橋一生)が応援を待つ中、街頭ビジョンに謎の男からの新たな爆破予告映像が流れる。次いで、次の爆破の情報と引き換えに志村の身柄を要求。

志村が指定場所に向かうと街頭ビジョンをジャックしたという謎の女=キリコ(柴咲コウ)がいた。キリコは再び爆破事件が起こると予告。実行犯は花火師と名乗る爆破の専門家で、過去に事故と処理された爆破事件も花火師の仕業だという。志村はさらなる爆破を阻止するため、警察庁賢察管の猿渡慎一郎(桐谷健太)や捜査一課長の犬飼彰吾(原田泰造)が止めるのも聞かず、キリコと行動をともにする。

一方、捜査一課では過去の爆破事故を洗い直す。ある事故から凶悪犯罪者たちの取引をする“インビジブル”の存在が浮き彫りになる。

2話のネタバレ・あらすじ

未解決事件に関する情報を提供する代わりに手を組もう――。取引を持ち掛けてきたキリコ(柴咲コウ)の真意を、志村(高橋一生)は測りかねていた。するとキリコは次に起こる事件を示唆し、ある動画チャンネルのライブ配信をチェックするよう伝える。その映像を見た捜査一課課長の犬飼(原田泰造)らは驚く。観光PRを頼まれたという大学生キャンパーたちが掘っていた地中から、大量の人骨が出てきたのだ。

タイトルとURLをコピーしました