【憂国の志士】三島由紀夫の本質を突いた言葉・名言集

三島由紀夫(みしま ゆきお)

小説「仮面の告白」で作家としての地位を確立、以後、唯美的傾向鋭い批評精神を特質とする作品を発表。

代表作品:小説「金閣寺」「潮騒」「豊饒の海」、戯曲集「近代能楽集」など

三島由紀夫 名言

三島由紀夫の名言

空虚な目標であれ、目標をめざして努力する過程にしか人間の幸福が存在しない。

 

ユーモアと冷静さと、男性的勇気とは、いつも車の両輪のやうに相伴ふもので、ユーモアとは理知の最も和やかな形式なのであります。

 

神聖なものほど猥褻だ。

だから恋愛より結婚のはうがずつと猥褻だ。

 

男性は本質を愛し、女性は習慣を愛する。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

お友達に拡散してね♪