原爆の父・オッペンハイマーの名語録・名言集

オッペンハイマー(Oppenheimer)

どんな人物なの?

ユダヤ系アメリカ人の物理学者。理論物理学の広範な領域にわたって国際的な業績をあげたが、第二次世界大戦当時ロスアラモス国立研究所の所長としてマンハッタン計画を主導。

原子力は生と死の両面を持った神である。

科学者は罪を知った。

われは死なり、すべてを破壊する者なり。

技術的に甘美なものを見た時には、
まずやってみて、技術的な成功を確かめた後で、それをどう扱うかを議論する。

タイトルとURLをコピーしました