ドラマ『世界の中心で愛を叫ぶ』の名セリフ・名言集

名作「世界の中心で、愛を叫ぶ」

300万部突破中の青春恋愛小説「世界の中心で、愛をさけぶ」(片山恭一著)がドラマ化

田舎の高校生・サクと亜紀のピュアな恋愛、そして恋人を失った喪失感を描く。

名言集 目次

第1話「恩師からの手紙」の名言集

第2話「微妙な距離」の名言集

第3話「永遠の別れ」の名言集

第4話「最後の日」の名言集

第5話「忍び寄る影」の名言集

第6話「生への旅路」の名言集

第7話「明けない夜」の名言集

第8話「プロポーズ」の名言集

第9話「最期の選択」の名言集

第10話「助けてください」の名言集

最終話「かたちあるもの」の名言集

第1話 恩師からの手紙

世界の中心で愛を叫ぶ 名言 ドラマ


世界の中心で、愛を叫ぶ ドラマ 名言 主人公・松本朔太郎:

朝起きると泣いている。悲しいからではない。

17年前の夢から17年後の現実に戻ってくる時に、またぎ越さなくてはならない亀裂があり、僕は涙を流さずに、そこを越えることが出来ないのだ。


世界の中心で、愛を叫ぶ ドラマ 名言 主人公・松本朔太郎:

あるはずがないのだ…

僕は彼女のいない世界に、もう17年もいる。


松本謙太郎 世界の中心で、愛を叫ぶ 朔太郎の祖父・松本謙太郎:

好きな人を亡くすのは、何故辛いんだろうね…

松本朔太郎 学生 ドラマ 世界の中心で愛を叫ぶ 主人公・松本朔太郎:

好きだからだよ…

松本謙太郎 世界の中心で、愛を叫ぶ 朔太郎の祖父・松本謙太郎:

そうだよな。


廣瀬亜紀 ドラマ 名言 朔太郎の恋人・廣瀬亜紀:

廣瀬亜紀です。今日は私の好きなものについて話します。

第5位。たこ焼きパパさんの前で、コソコソはがきを書いている松本朔太郎。

第4位。ガムのおもちゃで騙される、人の良い松本朔太郎。

第3位。いつもいつも鍵をなくして、モゾモゾしている松本朔太郎。

第2位。ジュリエット辞めたらって言ってくれた松本朔太郎。

第1位。あの日、傘を差してくれた松本朔太郎。

好きよ、朔ちゃん。大好きだよ。


世界の中心で愛を叫ぶ 名言 ドラマ

icon-arrow-right第2話:微妙な距離

 

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

お友達に拡散してね♪