『PRICELESS(プライスレス)』の破天荒な名台詞・暴言・名言集

PRICELESS〜あるわけねぇだろ、んなもん!〜

身に覚えの無い罪を着せられ、会社を追われた営業課長の金田一。

都会の難民と化した彼は幼い兄弟と出会い、無一文で生きる術を身につけ、新たな仲間とともに這い上がっていく物語。

ドラマの名セリフ

金田一二三男(木村拓哉)

この子たちはね、
大人が見向きもしないようなお金を
毎日こつこつ集めて、やっと210円ためたの。

大切な人に
そのお金でビールを買うために。

金田一二三男(木村拓哉)

こないだのぶさん、
金もらえりゃ一緒だって言ってましたけど。俺、思うんすけど。

せっかくだったら客が「うわー。食った!うまかった」って笑って帰れるようなラーメン作った方がよくないっすか?

大屋敷統一郎(藤木直人)

今の時代、自分の身を守るためには
相手の改善を待つよりも切り捨てた方が早い。

人であれ、取引先であれ、
情に流されていては共倒れするかも
しれませんからね。

二階堂彩矢(香里奈)

最後の最後まであがいてますよ。金田一さんは。

何でか分かんないけど、損得抜きで。

さらに名言集を読み込む

スポンサーリンク
レクタングル(大)
スポンサーリンク
レクタングル(大)