ドラマ『Dr.倫太郎』の名語録・名言集

ドラマ『Dr.倫太郎』

第8話の名言集

慧南大学理事長・円能寺一雄:

何に躊躇っている!君にNOと言わせる権利はないぞ。

記憶にございませんとは言わせないぞ。

君を医療訴訟から救ったのは私なんだ、忘れないでくれよ。

幼馴染の外科医・水島百合子:

彼らは倫太郎と違うの、価値観が。そういうとこ、本当に鈍感だよね。

あの人たちは、大学病院っていう白い巨塔の階段を登るために、いろんなものを犠牲にしているんだから。

主人公・日野倫太郎:

犠牲ね…そんなものを払ってまで、登る必要があるのかな。

先輩精神科医・荒木重人:

記憶っていうのはな!患者の命と同じなんだぞ!

主人公・日野倫太郎:

感情を否定し、忘れようとすればするほど、余計にその感情は強まります。

この悪循環を断ち切るには、まずその記憶を受け入れることです。

 

第9話:仕組まれた破滅への道

タイトルとURLをコピーしました