2021年4月ドラマ『桜の塔』の名セリフ・名言集

ドラマ『桜の塔』

脚本家・武藤将吾×実力派俳優・玉木宏が仕掛ける新たな警察エンタテインメント。

警視庁を舞台に、その頂点=警視総監を目指し巻き起こる、組織内の《パワーゲーム》を描きながら、《野望と正義が入り乱れる究極の人間ドラマ》を描かれる。

 
 

主人公は、ある出来事を機に幼少期から欲してきた“権力”を手に入れるため、そしてゆくゆくは“ほかでもない自分が警視総監になる”ため、どんなに汚い仕事もためらうことなく遂行し、野望の階段を駆け上がっていく警視庁捜査共助課の理事官・上條漣(玉木宏)だ。

 玉木のほかにも広末涼子、仲里依紗、森崎ウィン、橋本じゅん、高岡早紀、光石研、吉田鋼太郎、椎名桔平ら豪華キャストがひしめく中、岡田は物語においてやがてダークホースともいうべき存在となっていく捜査一課の若手刑事役に挑む。

 岡田が演じるのはキャリア組でありながら自ら志願して捜査一課刑事となった富樫遊馬。上司の水樹爽(広末)に恋心を抱く一方、その熱意と有能ぶりを主人公・漣に認められ、まるで興味のなかった組織内の権力闘争に思いがけず巻き込まれていく。刑事の本領をまっとうしようとする、気概に満ちた富樫の存在が、警視庁内のパワーゲームにどんな化学反応をもたらすのか、期待が高まる。

桜の塔の名言集

放送開始後、名セリフ・名言を追加していきます

スポンサーリンク
レクタングル(大)
スポンサーリンク
レクタングル(大)