ドラマ『Dr.倫太郎』の名語録・名言集

ドラマ『Dr.倫太郎』

第5話の名言集

研修医・福原大策:

恋愛とは一過性の精神疾患でしかないと自分に言い聞かせながら、自分にブレーキを踏み続けるのも…もう限界。

このままだと、ブレーキが壊れて、暴走してしまいそうです。

研修医・福原大政:

ギャンブルを続ければどうなるかは、大滝さんが一番わかってるはずです。

失うのはお金だけじゃないんです。

主人公・日野倫太郎:

これから、その我慢の時間を少しずつ伸ばしていきましょう。

再スタートの、最初のハードルを越えることが出来ましたね。本当に、おめでとう!

主人公・日野倫太郎:

福原君、患者さんとの関係を客観的に把握するもう一人の自分が居なければ、治療はうまく進みません。

主人公・日野倫太郎:

あの時、笑わせてくれたコメディアンはこう言っています。

「みんなベースは寂しい。寂しいから、必死になって仕事をしたり、友達を作ったり、恋愛してみたりするんじゃないの」って。

 

第6話:愛と憎しみの境界線とは?

スポンサーリンク
レクタングル(大)
スポンサーリンク
レクタングル(大)