NHK朝ドラ『エール』の名セリフ・名言集

第5週の名言集

音の母・関内光子:

私はね 人を騙す人より、騙される方がいいの。

お父さんはね、いっぱい裏切られてきたけど、恨みつらみ 一言も言わないでしょ? そういうところが好き。


裕一の父・古山三郎:

一見 可愛く見えっけど、慣れりゃ どこにでもいる顔だ。

イギリスさ行ってみろ。比べもんになんねぇ美人が わんさかいんだぞ。


ヒロイン・関内音

人を美醜で判断するな!

お父さん 見かけの美しさなんて、本当の美しさではありません。

心の綺麗な人が美しい人なのです!


主人公・古山裕一:

僕には 君しかいない。


ヒロイン・関内音

結婚しても 歌手になる夢は諦めない。それでもいい・・?
 
主人公・古山裕一:

うん、僕も望んでる。二人で頑張ろう。お互いにエールを送り合って、音楽の道 極めよう。


音の母・関内光子:

汽車は・・走り出しました。もう止まれません。


音の母・関内光子:

あなたは未来を嘱望される作曲家かもしれんけど、私に言わせれば まだ一曲しか認められてない ひよっこよ。

諸手を挙げて喜べる男じゃない。それでも あなたに託すの。なんでだと思う?
 
主人公・古山裕一:

接吻したからですか・・?
 
音の母・関内光子:

バカ!違う!

あなたっていう人間を信じとるの。


音の母・関内光子:

頭は 駄目って言っとるけど、心が 行けって叫ぶの!


歌の先生・御手洗清太郎:

私は 音楽と出会って救われた。自分の存在を認められた。

あなたには 私みたいな辛い思いをしている人たちに、力を与える曲を作って欲しいの。


主人公・古山裕一:

ものを作るには 何かのきっかけとか、繋がりが必要なんだ。


主人公・古山裕一:

音さん 歌おう。声が出なくたっていい。かすれたっていい。

音楽は心だ。心から、思い乗せて歌えば、きっと伝わる。

大丈夫。僕 一緒だから。


主人公・古山裕一:

音さんを産んでくれて〜ありがとうございます〜す!

・・うん?ど・・どうしました・・?

音の母・関内光子:

産んだのは 私。

あの人は ただオロオロしとっただけ。


大物作曲家・小山田耕三:

本物か・・まがい者か・・ 楽しみだね。


 
第6週の名言集を読み込む

スポンサーリンク
レクタングル(大)
スポンサーリンク
レクタングル(大)