ドラマ『美食探偵 明智五郎』の名セリフ・名言集

美食探偵 明智五郎

中村倫也主演で、東村アキコの初めてのサスペンス漫画を原作とした“恋する”毒殺サスペンス。

主人公で美食家の探偵・明智五郎(中村)は、おいしい料理をこよなく愛し、3度の食に命を懸ける美食家。周囲からは変わり者として扱われるも、推理力に関しては一流の腕を持つ五郎が、食を通してさまざまな事件を解決する。

名言集の目次

  

第1話の名言集

私立探偵・明智五郎:

いくら警察だからって一般市民のランチを邪魔する権限など ないはずだと言っているんだ。

今は大切なランチの時間。


私立探偵・明智五郎:

ランチをランチの時間に食べられないなんて、僕にとっては死に値する。


私立探偵・明智五郎:

明智 小五郎・・の方がお望みですか?


私立探偵・明智五郎:

げに恐ろしきは、女の勘か・・


謎の女・マグダラのマリア:

夫婦にとってセックスと食事って、どちらが大事なのかしら?

歳を取ればセックスなんてしなくなる。

でも食事は どちらかが死ぬまで続く 大事な夫婦の営みだわ。


謎の女・マグダラのマリア:

死人に口なし。殺してしまえば そいつは何も喋らない。

殺さないことより、殺し損ねないことが大事だわ。


 
第2話の名言集を読み込む

スポンサーリンク
レクタングル(大)
スポンサーリンク
レクタングル(大)