【戦国の勝者】徳川家康の名言に学ぶリーダー論

徳川家康 (とくがわ いえやす)

戦国時代を生き抜き、天下を統一して265年間もの長きに渡った「徳川幕府」を創設、「江戸時代」を築いた戦国大名「徳川家康」が残した言葉・名言を厳選しました。

徳川家康の名言集

大事を成し遂げようとする者は、本筋以外のことはすべて荒立てず、なるべく穏便にすますようにせよ。

 

滅びる原因は、自らの内にある。

 

人の一生は重きを負うて遠き道を行くがごとし。急ぐべからず。不自由を常と思えば、不足なく心に望み、おこらば困窮したる時を思い出すべし。堪忍は無事長久の基、怒りは敵と思え。
 
勝つ事ばかりを知って、負くる事を知らざれば、害その身に至る。己を責めて、人を責むるな。及ばざるは、過ぎたるより優れり。

 

最も多くの人間を喜ばせたものが、最も大きく栄える。

 

決断は、実のところそんなに難しいことではない。難しいのはその前の熟慮である。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

お友達に拡散してね♪