【名武将】武田信玄から学ぶリーダーに役立つ名言集

武田信玄 (たけだ しんげん)

甲斐・信濃を拠点とし「風林火山」の旗のもと、戦国最強と呼ばれる騎馬軍団を率いた戦国きっての武将「武田信玄」。

領民のために治水工事をおこし、鉱山を開発し、農業を盛んにする人でもあった彼が残した数多くの言葉・名言を厳選。

武田信玄の名言集

風林火山

( 疾きこと風の如く、徐かなること林の如く、侵掠すること火の如く、動かざること山の如し。)

 

武将が陥りやすい三大失観。
一、分別あるものを悪人と見ること。
一、遠慮あるものを臆病と見ること。
一、軽躁なるものを勇剛と見ること。

 

自分のしたいことより、嫌なことを先にせよ。この心構えさえあれば、道の途中で挫折したり、身を滅ぼしたりするようなことはないはずだ。

 

戦いは五分の勝利をもって上となし、七分を中となし、十分をもって下となる。五分は励みを生じ、七分は怠りを生じ、十分はおごりを生ず。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

お友達に拡散してね♪