ロバート・フロストの名語録・名言集

ロバート・フロスト(Robert Frost)

アメリカ合衆国の詩人。複雑な社会的テーマや哲学的テーマを対象とするものが多く、大衆的人気も高く広く知られた。ピューリッツァー賞を4度受賞した。

ロバート・フロストの名言集

愛すべきものを愛し、憎むべきものを憎みなさい。この違いを見分けるには、頭が必要になる。

私たちがあるものを愛するのは、それがそのものだからである。

人生で学んだすべてを私は3語にまとめられる。それは「何があっても人生には続きがある」ということだ。

人付き合いがうまいというのは、人を許せるということだ。

目隠しした馬の様に範囲の限定された目的は、必ずその持ち主の視野を狭くする。

幸福とは長さの不足を高さであがなうもの。

抜け出る最良の方法は、常にやり通すことだ。

気持ちに余裕を持って仕事をやれば自由になれる。

作者の目に涙なければ、読者の目に涙なし。作者に驚きなければ、読者に驚きなし。

自由詩を作るということは、ネットを下げてテニスをやるようなものです。

馬は死ぬ前に売ってしまうことだ。人生のコツは、損失を次の人に回すことだ。

教育とは、立腹したり自信を喪失したりせずにほとんどすべてのことに耳を傾けられる力のことだ。

母親は子供を男に育て上げるのに20年かかるというのに、他の女性は20分で男をバカにしてしまう。

愛というのは抑えきれない欲望を抱かれたいという、抑えきれない欲望。

 

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

お友達に拡散してね♪