《愛と美の殉教者》オスカー・ワイルドの名語録・名言集

オスカー・ワイルド(Oscar Wilde)

耽美的・退廃的・懐疑的だった19世紀末文学の旗手のように語られる。多彩な文筆活動をしたが、男色を咎められて収監され、出獄後、失意から回復しないままに没した。

オスカー・ワイルドの名言集

人生は複雑じゃない。私たちの方が複雑だ。人生はシンプルで、シンプルなことが正しいことなんだ。

ほとんどの人々は他の人々である。彼らの思考は誰かの意見、彼らの人生は模倣、そして彼らの情熱は引用である。

人が恋をする時、それはまず、自己を欺くことによって始まり、また、他人を欺くことによって終わる。

大衆とはすばらしく寛容だ。天才以外のすべてを許す。

誰でも友人の悩みには共感を寄せることができる。しかし友人の成功に共感を寄せるには優れた資質が必要だ。

本当に魅力的な人間には、2種類しかない。何もかも知り尽くしている人間か、まったく何も知らぬ人間かのどちらかである。

男は女の最初の恋人になりたがるが、女は男の最後の恋人になりたがる。

私たちは、不必要なものだけが必需品である時代に生きている。

私は単純な楽しみごとが好きだ。それらは複雑な人間にとって最後の避難所である。

男の人って、一度女を愛したとなると、その女のためなら何だってしてくださるでしょ。

たった一つ、してくださらないもの、それはいつまでも愛し続けるってことよ。

女は男に欠点があるからこそ愛するのだ。男に欠点が多ければ多いほど、女は何もかも許してくれる。我々の知性さえもだ。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

お友達に拡散してね♪