サッカー日本代表・川島永嗣の名語録・名言集

川島永嗣(Kawashima Eiji)

スコットランドのダンディー・ユナイテッド所属。ポジションはゴールキーパーで、2007年に日本代表へと選出された。セーブした際やゴールを決められた後の叫びや、その表情に迫力がある。

川島永嗣の名語録・名言集

実際のゲームが事前の想定どおりに進むなんてことはあり得ない。あらかじめ決め込んでしまうと、かえってピッチの上で柔軟なプレーができなくなってしまう。

実は点を決めるチャンスの前に、ゴールキーパーがいいセーブをして、試合の流れをつくっていることが多いんです。そこにやりがいを感じます。

結果が明確に出るアスリートの世界では、良いときもあれば、悪いときもあるのは当然のこと。

だからこれからも、結果だけにとらわれず、常に最高のパフォーマンスができるよう、準備だけは怠らず、自分を磨いていきたい。

悪いイメージが浮かんできても、それはそれで大事にして、思いどおりにならない場面への対応を準備するようにしています。

自分にとって移動時間は試合の一部といってもいいくらい大切なものです。

ゴールキーパーは後ろからポジションを見るので、物事の全体を見るのがすごく好き。

たとえば料理でパスタをつくるとき、できるまでの全体の流れを意識します。それを考えながら料理を始めます。

実際のゲームでは必ず予想外のことが起こる。

いつも自分が考えているのは、過去に何が起こったかではなく、未来に何が起こるか。いつでも未来を変える準備はできている。

リスクを恐れていては成長はない。

自分がどんな状況に置かれても、自分自身の役割だったり、貢献できると思ってやってきたことは変わらないし、逆にそれは自分がそういう時期があったからこそ、今、感じられることも多い。

伝えたいのは、何を目標にするかではなく、そこへの到達方法を試行錯誤し、100%全力で向かう姿勢こそが大切だということだ。

 

日本代表の名言集

ハリルホジッチ
本田圭佑
香川真司
長友佑都
岡崎慎司
内田篤人
川島永嗣
長谷部誠

 

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

お友達に拡散してね♪