ドラマ『そして、誰もいなくなった』の名語録・名言集

新ドラマ「そして、誰もいなくなった」

最高に最悪なドン底の主人公を藤原竜也が熱演!豪華演出者で贈る予測不可能な本格サスペンスドラマ

容姿端麗、頭脳明晰、家族や友人、恋人にも恵まれ、順風満帆な人生を送っていた藤堂真一。ある日、同姓同名の男の逮捕により、人生の歯車が一気に狂い始める。

名言集の目次

第1話:エリートの人生大転落!

第2話:新たな刺客から逃げろ!

第3話:お前が犯人だったのか?

第4話:衝撃の転落!俺は人殺し

第1話:エリートの人生大転落!

バーテンダー・日下瑛治:

恨みも妬みも俺には関係ないよ・・

研究員の主人公・藤堂新一:

僕の経験上、そういうことを言う人に限って恨まれているもんですよ。

自覚のある悪事より、自覚のない悪事のほうがよっぽどムカつきますから。


研究員の主人公・藤堂新一:

俺が開発したシステムが・・俺自身を世界から消去した・・


昔のゼミ仲間・長崎はるか:

失敗したと思うから、失敗になる。

でもそこからどうするかによって、もしかしたらすごく良い1日になるかもしれない。そう考えたら、人生ピンチなんてないよなぁって。


バーの常連客・馬場:

親なら裏切らないは、綺麗ごとだ。人は一人で生まれ、一人で死んでいく。それ以上でも以下でもない。


謎の人物:

すべての不平等は、不満は、争いは、人と人とが連帯し徒党を組むことから起きる。だからその逆の世界を作りたいのさ。

誰も信頼出来ず、誰とも仲間になれず、れそゆえ全員が平等で争いのない世界。


研究員の主人公・藤堂新一:

ふざけるな!そんな世界はありえない。

謎の人物:

いや、出来る。私とお前が手を組めば、私たちの手で世界を孤独にするのさ。

第2話:新たな刺客から逃げろ!

西條法律事務所・西條信司:

ハッキリ言いますが、私は依頼人以外の人生は全く興味がない。

私に会うために何時間も時間を無駄にするなんて、株式会社L.E.Dも頭が悪い人を採用するようになったんですねぇ。


バーテンダー・日下瑛治:

何があったかは知りませんが、悪いことがあった後は、良いことがありますよ。

第3話:お前が犯人だったのか?

バーテンダー・日下瑛治:

泣いてもいいんです。素直になっていいんです。ここはそういう場所ですから。

第4話:衝撃の転落!俺は人殺し

バーの常連客・馬場:

名前なんてどうでも良い。ただの記号だろ?意味なんてない。


 

第5話の放送をお待ちください。

 
 

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

お友達に拡散してね♪