ドラマ『大恋愛〜僕を忘れる君と』の名セリフ・名言集

大恋愛〜僕を忘れる君と

若年性アルツハイマーにおかされる女医と、彼女を明るく健気に支え続ける元小説家の男の、10年にわたる愛の奇跡を描く王道の純愛ラブストーリー!

第1章の名言集

受付・沢田柚香:

何でも物事は収まるべき所にきちんと収まっていないといけないって考え方だから、尚先生の人生に予想外のことは起きません。


神経科医・井原侑市:

尚が思っているより僕は..ずーっと幸せだよ。


真司の上司・木村明男:

運命的出会いというものは、意外とさりげないもんだからよ。


ナレーション:

彼女の急ぎ足の人生にこうして俺は出会ってしまった..


元作家・間宮真司:

だんだん大人になって人を憎む情熱とか、そんなもんは無くなったけど、

産婦人科医・北澤尚:

愛する情熱は?愛する情熱は、成長すると育つものじゃない?


産婦人科医・北澤尚:

『あいつはいつも約束を破る。そして私を平気で何時間も待たせる。

それはあいつが自意識の塊である証拠だとアンジェリカは思った。』

『自分を待っている女を想像することで、自分の存在意義を確認している。』

『貧しい男めとアンジェリカは心の中で叫んだ。』


元作家・間宮真司:

快速特急、本当に降りられるの?

降りたとしても道じゃないよ。砂漠だよ。


尚の母・北澤薫:

ママだって人生には思わぬ出会いがあることぐらい知ってますよ。

だけど人の出会いには順番があるわ。その順番を守るのが人の礼節なんです。


産婦人科医・北澤尚:

理性を超えた本能が私に命じるんです..


ナレーション:

『彼女はあの頃からいつも急いでいた。まるで何かに追われるように、いつもいつも走っていた。』

『人は誰しも残りの持ち時間に追われている。』


ナレーション:

『死に向かって走っている。』

『だからといって、そのことを普段は意識しないものだ。でも彼女は違った。』

『残り少ない持ち時間を知っているかの如く、全力で走っていた。』


 

 
 

スポンサーリンク
レクタングル(大)
スポンサーリンク
レクタングル(大)