ドラマ『化石の微笑み』の名セリフ・名言集

ドラマ「化石の微笑み」

吉田光洋(よしだ・みつひろ)氏の作品で、

認知症の祖母の世話をする女子高校生と、人と触れ合うのが苦手な男子高校生が、

互いに困難を乗り越えて成長を遂げながら、小さな恋を実らせるまでを描いた物語

「化石の微笑み」の名言集①

あの頃、異常なくらい汚れることに敏感で、世界は触りたくないものに溢れていた。

でも今では、なんとか抵抗なく大抵のことに触れることが出来る。それでも、人の肌だけは…まだ…。
―彩美の同級生・宮原和哉

 

でもそれより腹が立つのは、私自身。病気のせいで、本当のおばあちゃんが消えていく…。

そんなの姿見続けるの、正直きつくてさ…。だから、毎日顔合わせなくて済むと思ったら、なんか楽になっちゃった…。最低だよね…。
―主人公・中村彩美

 

笑っていたのは、今のおばあちゃんじゃないの。私たちが見てたのは… “化石の微笑み”。

おばあちゃんの記憶の中で、何十年も眠っていた少女の頃の笑顔。
―主人公・中村彩美

 

さらに名言を読み込む

スポンサーリンク
レクタングル(大)
スポンサーリンク
レクタングル(大)