新ドラマ『珈琲いかがでしょう』の名セリフ・名言集

新ドラマ『珈琲いかがでしょう』

「凪のお暇」などで知られるコナリミサト原作の同名漫画を、中村倫也主演で実写化。

日々の生活に疲れ癒やされたい人や、人間関係を見直したい人など、全ての人を優しく包み込み、幸せを運ぶ移動コーヒー店の群像劇を描く。

ドラマの目次

第1話 人情珈琲・死にたがり珈琲

 

第1話の名言集

中村倫也 青山一(中村倫也)
主人公・タコ珈琲の店主

僕なんて こんなアナログな仕事で、丁寧にやるしか売りがない。

でも丁寧にやっていれば、こうやって美味しいって飲みに来てくれるお客様もいらっしゃいます。

中村倫也 青山一(中村倫也)
主人公・タコ珈琲の店主

本当に誰にも必要とされてなかったら、とっくに辞めてます。

中村倫也 青山一(中村倫也)
主人公・タコ珈琲の店主

全員に通じるものって 案外つまらないのかもしれないなって。

誰かにとっての特別であれば、それがいいです。

中村倫也 青山一(中村倫也)
主人公・タコ珈琲の店主

心を閉ざして 何も感じないようにしてる方が 楽なことってありますよね。

疑問を感じ始めると 一気に溢れてしまうから。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
スポンサーリンク
レクタングル(大)