【復活の立役者】日産・カルロスゴーンの名語録・名言集

カルロス・ゴーンの名言集

経営はマジックやサイエンスではない。職人仕事だ。社長がオフィスに座っているだけでは、何も前に進まない。

働く人のやる気こそが最も価値のある資源である。彼らにやる気がなければ、経営者には何もできない。

実行こそがすべて。これが私の持論である。

アイディアは課題克服の5パーセントにすぎない。アイディアの良し悪しは、どのように実行するかによって決まると言っても過言ではない。

客観的な事実の把握なくして、適切な対策は生まれません。

どのような状況であっても再建は可能である。経営の失敗という問題は必ず立て直すことができる。

経営では「常識とされることが間違っている」ことがしばしばあります。

ビジネスは早い者勝ちではありません。誰も市場を「所有」などしていないのですから。

ルールはただ1つ。聖域、タブー、制約はいっさい設けないということだ。

透明性、権限委譲、成果と測定。この3つがやる気を起こさせるための原則である。

正確な質問をすれば、正確な答えが返ってくる。曖昧な質問をすれば、曖昧な答えしか返ってこない。

他人からプレッシャーをかけられた時よりも、自分で自分を駆り立てる時の方が、人ははるかに大きなことをやってのける。

優先順位の低いことをいくら上手にやってもそれは時間、才能、労力、資源のムダ。

ビジョンは退屈なものではいけない。

船を建造するときには、人々に個々の作業を割り当てるのではなく、大海原を目指すという目標をみんなで共有するのです。

「自分」が何をすべきかでなく、「他人」が何をすべきかについて話すようになったとき、その企業は終わりである。

妥協や中途半端があってはならない。問題は一気に解決していかなければならない。やるからには必ず成功に導く。

リーダーは、本社に隠れてはいけません。経営者は最も厳しい状況、すなわち危機の現場に自ら出向くのが基本です。

リーダーが現場をサポートすることを示す必要があります。

すべての問題には解決策がある。大事なのは社員を鼓舞することだ。

「安定」があるというのは幻想だ。そんなものは存在しない。

周囲の環境は常に変化している。高いレベルを維持するには変化するしかない。変化は脅威ではなく、機会である。

人間にとって最大の罪は、持って生まれた能力を無駄にすることです。

 
カルロスゴーン名言集

スポンサーリンク
レクタングル(大)
スポンサーリンク
レクタングル(大)