【天才経営者】スティーブ・ジョブズの名言集

スティーブ・ジョブズの名言集

残りの人生も砂糖水を売ることに費やしたいか、それとも世界を変えるチャンスが欲しいか?

製品をデザインするのはとても難しい。多くの場合、人は形にして見せてもらうまで、自分は何が欲しいのかわからないものだ。

私たちはこの世界に凹みを入れてやろうと思ってここにいるんだ。そうでないならなんでそもそもここにいる必要があるんだい?

イノベーションは誰がリーダーで誰が追随者かをはっきりさせる。

アップル社再建の妙薬は費用を削減することではない。現在の苦境から抜け出す斬新な方法を生み出すことだ。

方向を間違えたり、やり過ぎたりしないようにするには、まず「本当は重要でも何でもない」1000のことにNOと言う必要がある。

美しい女性を口説こうと思った時、ライバルの男がバラの花を10本贈ったら、君は15本贈るかい?

そう思った時点で君の負けだ。ライバルが何をしようと関係ない。その女性が本当に何を望んでいるのかを、見極めることが重要なんだ。

私がこれまでくじけずにやってこれたのは、ただひとつ。自分がやっている仕事が好きだという、ただそれだけなのです。

1年で2億5000万ドルも失ったのは、知っている限りでは私だけだ…。人格形成に大きな影響を与える出来事だった。

マイクロソフト社がマックをコピーすることに長けていたわけではない。
マックが10年もの間コピーしやすい製品だっただけだ。
それはアップル社の問題だ。独自性は消えてしまった

私がここに戻ってから当社をのみこもうとする連中がいなくなった。どんな味がするのかと恐れているのだと思う。

アップル社には、きわめて大きな資産があるが、ある程度手をかけてやらなければ、会社はたぶん、たぶん――適切な言葉を探しているんだ――たぶん、死んでしまうだろう。

あなたがテレビのスイッチをオンにするのはあなたが自分の脳のスイッチをオフにしたいからだと思います。

それに対してコンピュータで仕事をするのは、脳のスイッチをオンにしたいときではないでしょうか。

自分がクオリティの基準となりなさい。ひとによっては、常に優秀であることが期待されている環境に慣れていないのだから。

未来を見て、点を結ぶことはできない。過去を振り返って点を結ぶだけだ。だから、いつかどうにかして点は結ばれると信じなければならない。

飢餓感を持て。バカであれ。

仏教には「初心」という言葉があるそうです。初心をもっているのは、すばらしいことだ。

盗んだものを驚くほど効率的に配布できるシステムがある。インターネットと呼ばれているシステムだ。インターネットが閉鎖される可能性はない。

墓場で1番の金持ちになることは私には重要ではない。夜眠るとき、我々は素晴らしいことをしたと言えること、それが重要だ。

従業員4300人以上を抱える20億ドルの企業が、ブルージーンズをはいた6人と競争できないとは信じがたい。

時は分からなかったが、アップル社に解雇されたことは、私の人生で起こった最良の出来事だったと後に分かった。

成功者であることの重さが、再び創始者になることの身軽さに置き換わったのだ。

何事につけても不確かさは増したが、私は解放され、人生の中で最も創造的な時期を迎えた。

毎日、今日が人生最後の日かもしれない、と考えるとすれば、いつか、必ずその考えが正しい日が来る。

消費者に、何が欲しいかを聞いてそれを与えるだけではいけない。完成するころには、彼らは新しいものを欲しがるだろう。

 

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

お友達に拡散してね♪