【坂の上の雲】司馬遼太郎の名語録・名言集

司馬遼太郎(しば りょうたろう)

大阪外国語学校(現大阪外語大)蒙古語科卒。産経新聞社に十三年間勤務。

この間に同人誌『近代説話』に参加。忍者小説「梟の城」で直木賞、歴史小説『龍馬がゆく』で菊池寛賞を受賞。

『国盗り物語』『世に棲む日日』『翔ぶが如く』など次々と雄大な構想と巧みな語り口で作品を発表している。

司馬遼太郎の名言

人として生まれたからには、太平洋のように、でっかい夢を持つべきだ。

 

君たちはつねに晴れあがった空のように、たかだかとした心を持たねばならない。

同時に、ずっしりとたくましい足どりで、大地をふみしめつつ歩かねばならない。

 

人々にとって、志さえあれば、暗い箱の中でも世界を知ることができる。

 

人間は決して、孤立して生きられるようには、作られていない。

 

物事は両面からみる。それでは平凡な答えが出るにすぎず、智恵は湧いてこない。

いまひとつ、とんでもない角度つまり天の一角から見おろすか、虚空の一点を設定してそこから見おろすか、どちらかしてみれば問題はずいぶん変わってくる。

 

人の諸々の愚の第一は、他人に完全を求めるということだ。

 

男というものは思慮きわまれば、常識、情勢をもって判断すべきではない。

男たる者の道をもって判断すべきだ。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

お友達に拡散してね♪