大河ドラマ『真田丸』の名セリフ・名言集

NHK大河ドラマ「真田丸」

第4話 挑戦

真田昌幸 真田丸 名言 ドラマ 信繁の父・真田昌幸:

源次郎、決して下手に出てはならん。

真田は負けたわけではないのだ。

これも一つの戦である。父の戦いぶりをしっかり目に焼き付けとけ。


真田昌幸 真田丸 名言 ドラマ 信繁の父・真田昌幸:

乱世を生き抜くには、さような知恵も欠かせません。

四方敵に囲まれた我らのようなか弱き国衆、そこまで慎重にならればならんのです。


真田昌幸 真田丸 名言 ドラマ 信繁の父・真田昌幸:

然るに、そのような大事な文が上杉に届かず、ここにあるということは、我真田にとって由々しき事態である。

かくなる上は、織田公には上杉から我らを守り抜いていただけなければ、これは困りますよ!


矢沢三十郎頼幸 真田丸 真田家家臣・矢沢三十郎頼幸:

信長様はどんなお方でした…?

真田信繁 真田丸 名言 ドラマ 主人公・真田信繁:

思っていたより静かなお方だった。

しかし、あの目の光はただ者ではない。まるで龍のようだった。

穏やかにしていてあの目だから、怒った時はどんなことになるやら…


icon-arrow-right第5話の名言:2016年2月7日放送

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

お友達に拡散してね♪