【初代内閣総理大臣】伊藤博文の名語録・名言集

伊藤博文(いとう ひろふみ)

吉田松陰に学び、倒幕運動に参加。明治18年(1885)内閣制度を創設、初代総理大臣となった。

枢密院・貴族院の初代議長を歴任。のち、立憲政友会を組織し、総裁に。

日露戦争後、初代韓国統監となったが、ハルビンで韓国の独立運動家・安重根に暗殺された。

伊藤博文の名言

大いに屈する人を恐れよ、いかに剛にみゆるとも、言動に余裕と味のない人は大事をなすにたらぬ。

 

本当の愛国心とか勇気とかいうものは、肩をそびやかしたり、目を怒らしたりするようなものではない。

 

お前に何でも俺の志を継げよと無理は言はぬ。

持って生まれた天分ならば、たとえお前が乞食になったとて、俺は決して悲しまぬ。

金持ちになったとて、喜びもせぬ。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

お友達に拡散してね♪