【不朽の名作】ハリー・ポッターの名セリフ・名言集

ハリー・ポッター(Harry Potter)

1990年代のイギリスを舞台に、魔法使いの少年ハリー・ポッターの学校生活や、ハリーの両親を殺害した張本人でもある強大な闇の魔法使いヴォルデモートとの、因縁と戦いを描いた物語。

ハリー・ポッターの名言集

アルバス・ダンブルドア:

自分がほんとうに何者かを示すのは、持っている能力ではなく、自分がどのような選択をするかということなんじゃよ。

アルバス・ダンブルドア:

わしがほんとうにこの学校を離れるのは、わしに忠実な者が、ここに一人もいなくなったときだけじゃ。

ハーマイオニー・グレンジャー:

本が何よ!頭がいいなんて何よ!もっと大切なものがあるのよ..友情とか勇気とか..

リーマス・ルーピン:

自分の直感に従え。それは良いことだし、ほとんど常に正しい。

アルバス・ダンブルドア:

ヴォルデモートに理解できないことがあるとすれば、それは愛じゃ。

レイブンクローの髪飾り:

計り知れぬ英知こそ、我らが最大の宝なり!

アルバス・ダンブルドア:

真実か それはとても美しく恐ろしいものじゃ。だからこそ注意深く扱わなければなるまい。

マッド-アイ・ムーディ:

自分の強みを生かす試合をしろ。

アルバス・ダンブルドア:

魅力的な毒舌じゃった。とくに、わしのことを『時代遅れの遺物』と表現なさったあたりがのう。

マッド-アイ・ムーディ:

おまえたちのほうに備えがなければならん。緊張し、警戒していなければならんのだ。

ヴォルデモート:

マグルよ。俺様は人ではない。人よりずっと上の存在なのだ。

アルバス・ダンブルドア:

君の父君は、君の中に生きておられるのじゃ、ハリー。

シリウス・ブラック:

わたしが正気を失わなかった理由は唯一つ、自分が無実だと知っていたことだ。

アルバス・ダンブルドア:

ものには必ず適切な名前を使いなさい。名前を恐れていると、そのもの自身に対する恐れも大きくなる。

シリウス・ブラック:

信じてくれ、ハリー。わたしは決してジェームズやリリーを裏切ったことはない。

裏切るくらいなら、わたしが死ぬ方がましだ。

マッド-アイ・ムーディ:

いましも違法な呪いをかけようという魔法使いが、これからこういう呪文をかけますなどと、教えてはくれまい。

面と向かって、やさしく礼儀正しく闇の呪文をかけてくれたりはせん。

マッド-アイ・ムーディ:

戦うべき相手は早く知れば知るほどよい。見たこともないものから、どうやって身を守るというのだ?

ベラトリックス・レストレンジ:

『血を裏切る者』は『穢れた血』の次に気に入らないね。

ジニー・ウィーズリー:

わたし、あなたのことを完全に諦めたことはなかった。

リーマス・ルーピン:

君がもっとも恐れているのが──恐怖そのもの──だということなんだ。ハリー、とても賢明なことだよ。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

お友達に拡散してね♪