《大物投資家》ジョージ・ソロスの名語録・名言集

ジョージ・ソロス(George Soros)

史上最強の投機家といわれ、70年代から90年代に活躍し、ヘッジファンドの帝王として有名な稀代の投資家で慈善家、そして哲学者でもある。

ジョージ・ソロスの名言集

私たちの現実理解がどこまで到達できるかという点に関して限界はない。私たちの社会は改善の余地が無限なのである。

私の実践的スキルを要約せよ、と求められたなら、ただひとこと「サバイバル」と答えるだろう。まず生き残れ。儲けるのはそれからだ。

市場は常に間違っている」というのは私の強い信念である。市場参加者の価値判断は常に偏っており、支配的なバイアスは価格に影響を与える。

私が確かに人より優れている点は、私が間違いを認められるところです。それが私の成功の秘密なのです。

不確定性とは不正確な予測と、変化するかもしれないが常にバイアスを持つ人々の予測の意図せぬ結果とのフィードバックから発生するもの。

金融市場を支配しているのは数学ではない。市場を支配しているのは人間の心理だ。

ビジネスと慈善事業における私の行動の大部分の基礎をなす三つの主要概念とは、「誤謬性」「相互作用性」「開かれた社会」である。

断言したいのは、均衡の概念を金融市場に適用することはそれ自体が誤解であるということだ。

科学的に根拠のある知識に基づいて行動する事ができるとすれば、別々の投資家が同じ時点で同じ銘柄の株式を買ったり売ったりする事はないはずだ。

市場参加者は天体の運行を予測する科学者のように結果を予測する事はできない。

社会的事件に特有の不確定要素が入り込み、結果は予想を外れがちなのだ。

他の誰もが拒絶する考えを無条件に信じるのは、一種の狂気である。

自分の運命をファンダメンタルズに賭ける一匹狼的な投資家は群れに踏みつぶされる可能性がある。

成功すれば、人は自分の考えに関心を示してくれるはず。

私は利益のにおいを嗅ぎつけると、まず投資し、そのあとで調査するというルールに従っている。

三菱地所によるロックフェラー・センターの買収もあった。しかしこの時の日本は自らの限界を超えていた。

金融派生商品の一部は、賭博を許されていない機関投資家が賭けをできるようにすることを目的に設計されているように思える。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

お友達に拡散してね♪