ドラマ『Heaven?~ご苦楽レストラン~』の名セリフ・名言集

ドラマ『Heaven?~ご苦楽レストラン~』

「ロワン・ディシー<この世の果て>」という名のフレンチレストランを舞台に、風変わりなオーナーと、彼女に振り回される個性的な従業員たちの姿を描く、”至極のフレンチレストランコメディー”。

 

第1話の名言集

主人公・黒須仮名子:

レストランで一番大切なことは何かわかる?

..距離感よ


主人公・黒須仮名子:

客とスタッフの間にある..適度な緊張感と親近感。そしてスタッフに必要なのはオリジナリティー。


主人公・黒須仮名子:

レストランで一番大切なことは何かわかる?

..味よ


主人公・黒須仮名子:

あのグルメサイトの類い..ねえ 星の数が一体何なの?

その評価してる客の舌 バカかもしれないのに 何でその評価で一喜一憂できるの?


主人公・黒須仮名子:

私たち今日まで一生懸命頑張ったじゃない?

パーティーはちゃんとスタート出来た。悪いのは 来ない客。以上。


ウエイター・伊賀観:

レストランに必要なこと。距離感に 味 経営に 非日常 快適な空間..そのすべてだと。

その一つでも 欠けてはいけない。一つ一つを従業員が担っていくことで理想のレストランが生まれる。


第2話の名言集

主人公・黒須仮名子:

お客様はね ちょっと特別感..を求めてお店に来るものなの。


主人公・黒須仮名子:

5万円に意味なんてない。5万円は自由の値段。ただそれだけ。

シェフの才能が5万円で買われたのよ。好きに作ればいいじゃない。


主人公・黒須仮名子:

自分が心から満足行くものが出来たら、たとえ失敗しても後悔はしない。絶対に心は折れないものよ。


主人公・黒須仮名子:

そもそもシェフの料理は 塩気さえあれば最高なんだから。失敗なんてありえない。


 
 
 
 

次回の放送をお待ちください…
スポンサーリンク
レクタングル(大)
スポンサーリンク
レクタングル(大)