ドラマ『世界の中心で愛を叫ぶ』の名セリフ・名言集

第9話 最期の選択

世界の中心で、愛を叫ぶ ドラマ 名言 主人公・松本朔太郎:

幸せの日々の終焉..暖かな世界の崩壊..むせ返るような死の匂い..僕の最後の選択..


松本朔太郎 学生 ドラマ 世界の中心で愛を叫ぶ 主人公・松本朔太郎:

結局人生って毎日の積み重ねだしさ..だったらいま僕たち二人に出来ることを。


松本朔太郎 学生 ドラマ 世界の中心で愛を叫ぶ 主人公・松本朔太郎:

みんながいて..亜紀がいて..僕は幸せだよ。


廣瀬亜紀 ドラマ 名言 朔太郎の恋人・廣瀬亜紀:

アボリジニの世界には、この世にある全てのものに理由が存在するの。

災害や争いや死や、私たちの世界ではマイナスと考えられることにも。

私の病気にも..理由があるはずよ..


廣瀬亜紀 ドラマ 名言 朔太郎の恋人・廣瀬亜紀:

それを悲しいとか、苦しいとか、寂しいとか思うのは、きっと理解が足りないせいなんだよね。

そうだよね..朔ちゃん。


廣瀬亜紀 ドラマ 名言 朔太郎の恋人・廣瀬亜紀:

朔ちゃん..生きてるってどういうことかな..死ぬってどういうことかな..


松本朔太郎 学生 ドラマ 世界の中心で愛を叫ぶ 主人公・松本朔太郎:

なにを希望と言うのだろう..なにを絶望と言うのだろう..

なにを生きるというのだろう..なにを死ぬというのだろう。


廣瀬亜紀 ドラマ 名言 朔太郎の恋人・廣瀬亜紀:

世界一青い空が見たい..


icon-arrow-right第10話:助けてください

 

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

お友達に拡散してね♪