《心理学者》アブラハム・マズローの名語録・名言集

アブラハム・マズロー(Abraham Maslow)

アメリカ合衆国の心理学者。 ニューヨーク州ニューヨーク市ブルックリン区に生まれる。彼は人間性心理学の最も重要な生みの親とされている。『マズローの欲求5段階説』

マズローの名語録・名言集

自然な欲求を追求し、満たすことは、決してエゴイズムにはならない。

むしろ、低次の欲求が満たされると、高次の欲求が出てきて、それは自己実現、さらには自己超越にまで到る、人間成長につながっていく。

 

自分自身に対する認識を変えれば、人間は変わる。

 

権力を求める人間というのは、だいたいにおいて、そんな権力を持つ資格のない者だけである。

 

大いなる闘いのうちに、大いなる喜びがある。

 

人間は自分のなりうるものに、ならなければならない。

 

優れたアイデアを、すべて自分で着想することなど誰にもできない。

大切なのは、学習するスピードであり、優れたアイデアを実行する能力である。

 

行動的な人間は、教育、訓練、勤勉、知識の吸収などに対し意欲的である。

言い換えると教育、訓練などに対しては、消極的、傍観的であってはならないということである。

 

自分の持っている道具が「カナヅチ」しかないとすべての問題が「クギ」に見えてしまうものである。

 

人間の成長にとって、愛はビタミンやミネラル、たんぱく質と同じくらい不可欠である。

 

人は安全を求めて退却するか、成長を求めて前進するかを選ぶことができる。

成長するには繰り返し選択する必要があり、恐怖は繰り返し克服されてなければならない。

 

もし私が、一人の人間としてのあなたについて、もっとたくさんのことを学びたいと思うならば、あなたを一つの単位、ひとりの人間として、全体としてアプローチしなければならない。

他の人を理解しようとするには、われわれの口を閉じ、眼と耳を大きく開けることだ。

 

ある人間を変えるのに必要なことは、その人の自分自身に対する認識を変えることである。

 

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

お友達に拡散してね♪