【随時更新】新ドラマ『六本木クラス』の名セリフ・名言まとめ

どんなドラマ作品?

放送開始:2022年7月
放送帯:毎週木曜日21時

「六本木クラス」は日韓共同プロジェクトとして、日本でのドラマ化が実現。「梨泰院クラス」の原作漫画を日本の設定に置き換えて翻案したコミック「六本木クラス~信念を貫いた一発逆転物語~」をもとに、東京・六本木を舞台にしたストーリーが繰り広げられる。

画像出典:テレビ朝日公式HPより

『六本木クラス』の名セリフ①

放送開始後、名セリフは追加されます。

イントロダクション

人気ウェブ漫画を実写化した韓国ドラマ「梨泰院クラス」は、2020年1月から3月にかけて韓国で放送され、同年3月よりNetflixで配信されると日本でも大ブームを巻き起こした。絶望の淵に立たされた青年が復讐を誓って、金と権力を振りかざす巨大企業に屈することなく仲間と共に立ち向かっていく姿を描く物語。

日本版で竹内が演じるのは、六本木の居酒屋「二代目みやべ」店長で、父子家庭で育った宮部新。人間関係に不器用で不愛想だが、真っすぐな性格の持ち主。そんな新は、日本最大の巨大外食産業「長屋ホールディングス」の跡取り息子が引き起こしたある事件により、絶望の淵に立たされる。その復讐として、この跡取り息子に罪を償わせること、そして息子のために強大な権力を駆使して事件を揉み消した長屋ホールディングス会長に土下座して罪を償わせることが人生の目標となる。新は父から教えられた「信念を持って生きること」を胸に、絶対権力者に立ち向かっていく。

最近もドラマ「テセウスの船」「君と世界が終わる日に」などの話題作で主演を務めた竹内。「六本木クラス」の主演が決まった際には「『梨泰院クラス』が話題になっていたのはもちろん知っていましたし、僕も見ていて本当に素晴らしいドラマだと思っていたので、お話をいただいた時はびっくりしました」と語り、「舞台を東京に変えてリメイクできることはすごいことですし、僕を選んでいただけたことも光栄ですので、全力で頑張りたいです」と意欲をにじませる。

役を作る要素として髪型も一新したという。「梨泰院クラス」の主人公であるパク・セロイ(パク・ソジュン)のトレードマークになっていた髪型と同じにする案も出たというが、スタッフと相談を重ねて「僕の中の『宮部新』のイメージやスタッフのみなさんが持たれているイメージのいいところをすり合わせていったら、この髪型に至りました」と明かす。ジャパン・オリジナル作品としての宮部新を竹内がどう作り上げ、体現していくのか、期待が高まる。

タイトルとURLをコピーしました