『白い巨塔』の心に残る衝撃的な名台詞・名言集

山崎豊子の長編小説

浪速大学に勤務する財前五郎と里見脩二という対照的な人物を通し、医局制度などの医学界の腐敗を鋭く追及した社会派小説である。

白い巨塔の名言集

最高のときは一度だけじゃない。上り続ける限り毎日が最高とは思えないのか? 

財前五郎

 

3,000人を助けても1人を死なせては許されない。それが命というものではないですか?

関口仁

 

いくら悩んでみたところで患者のためになるとは限らないんだよ里見。

財前五郎

 

こうやって椅子があれば腰を下ろしたくなる。立派な椅子ならなおさらだ。

財前五郎

 

医者は神様じゃない。患者と同じ人間だ。

里見脩二

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

お友達に拡散してね♪