リンカーン大統領の名語録・名言集

リンカーン(Lincoln)

アメリカ合衆国の政治家である。弁護士、イリノイ州議員、上院議員を経て、1861年3月4日に第16代アメリカ合衆国大統領に就任した。

リンカーン大統領の名言集

そのことはできる、それをやる、と決断せよ。それからその方法を見つけるのだ。

 

何歳まで生きたかは重要ではない。いかにして生きたかが重要だ。

 

大抵の人は災難は乗り越えられる。本当に人を試したかったら、権力を与えてみることだ。

 

もし、木を切り倒すのに6時間与えられたら、私は最初の4時間を斧を研ぐのに費やすだろう。

 

他人の自由を否定する者は、自らも自由になる資格はない。

 

主は平凡な顔立ちの者を好むのだ。それゆえにそういう顔をたくさん造られたのだ。

 

今日責任から逃れることによって、明日の責任から逃れることはできない。

 

人格は木のようなものであり評判はその影のようなものである。影とは、我々が人の性格をどう思うかということであり、木こそが本物である。

象の後ろ足を捕まえて、象が逃げ出そうとしたなら、行かせてやるのが一番だ。

 

誰かが成功をおさめることが出来たということは、他の人にも同じ事ができるという証明である。

 

一部の人たちを常に、そしてすべての人たちを一時だますことはできるが、すべての人たちを常にだますことはできない。

 

君の決心が本当に固いものなら、もうすでに希望の半分は実現している。
夢を実現させるのだという強い決意こそが、何にもまして重要であることを決して忘れてはならない。

 

日夜大きなプレッシャーがあるのです。笑わなければ死んでしまうでしょう。

icon-arrow-right次のページへ

リンカーン大統領の名言集

相手を動かそうとする時には、心のこもった、押しつけがましくない説得の手を用いるよう心がけることだ。

「一ガロンの苦汁よりも一滴の蜂蜜を用いたほうが多くの蝿がとれる」ということわざは、いつの世にも正しい。人間についても同じことがいえる。

 

大統領にしても、靴磨きにしても、世のため、人のために働く公僕だ。世の中に卑しい業というものはない。ただし、心の卑しい人はいるものだが。

 

細道で犬に出会ったら、権利を主張して咬みつかれるよりも、犬に道を譲った方が賢明だ。たとえ犬を殺したとて、咬まれた傷は治らない。

 

自己の向上を心がけている者は、喧嘩などする暇がないはずだ。

おまけに、喧嘩の結果、不機嫌になったり自制心を失ったりすることを思えば、いよいよ喧嘩はできなくなる。

 

こうして人間に生まれてきたからには、やはり何か生きがいが感じられるまで生きている義務があろう。

 

この悲しい世界では、不幸は皆に訪れる。その場合、ひどい苦しみを伴うことがある。完全に癒すことができるのは、時をおいて他にはない。

 

もし最後の結果が良ければ、私に浴びせられた非難などは全く問題ではない。

ただし、最後の結果が悪ければ、たとえ十人の天使が私を弁護してくれたところで、何の役にも立ちはしない。

 

馬の行きたい方向に馬を走らせるには手間も労力も要らない。

 

40歳を過ぎた人間は、自分の顔に責任を持たなくてはならない。

 

今日出来ることを、明日に残すな。

 

人間は、たとえ相手が自分の一番関心のある目標に導いてくれる指導者であっても、自分の気持ちを理解してくれない者には、ついて行かない。

 

事を成し遂げる秘訣は、ただ一つの事に集中することにあり。

 

経験的に、悪徳を持たない者は美徳をほとんど持っていない。

 

もし相手を自分の意見に賛成させたければ、まず諸君が彼の味方だとわからせることだ。
これこそ、人の心をとらえる一滴の蜂蜜であり、相手の理性に訴える最善の方法である。

一旦これが獲得できると、こちらの意見を認めさせるのに、大して手間はかからない。

 

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

お友達に拡散してね♪