ドラマ『ファーストクラス』の心に突き刺さる数々の名台詞・名言集

ドラマ『ファーストクラス』

憧れだった雑誌「FIRST CLASS」の編集長まで成り上がり、廃刊危機を救った吉成ちなみ。あれから半年後、スカウトされる形で、ファッションブランド 「TATSUKO YANO」の新人デザイナーとして再出発することとなる。

巨額の金が動くファッションブランドの世界で、悪女たちに再び踏みつけられながらも、時には非道とも言える“手段を選ばない攻撃”を、ちなみ自身も仕掛けていく。

ドラマに登場した名台詞・名言集

あなたの血液はどうせ飲み放題のグラスワイン。

私の血液は1999年モノのロマネ・コンティ、もしくは表参道のカフェで売っているスムージー、アサイー、グレープ、ザクロ、ブルーベリー、ラズベリー、ストロベリーをふんだんに使って1杯千円、とにかくドラキュラ伯爵もゾンビも興味なし&多少抜けても問題なし。
エディター・川島レミ絵

 

努力粘り根性信念奇跡逆転こだわり夢希望勇気と書いて、失敗無駄無意味無謀乾杯絶望と読むんです。

リーマンがショックした後の国語1では、未だに脳内では渋谷センター街でルーズソックス履いてたむろしている。

あなたの教科書には載ってないかもしれないですが。
エディター・川島レミ絵

 

クリスチャンディオールは成功の秘訣を「時代の空気をかいだだけだ」と言いました。

今という時代はデザインから洋服が2週間で店頭に並ぶブランドが存在し、人気を博している時代です。

なのに私達ファッション業界の人間ほとんどの人が、1年後の洋服をデザインしていることに何の疑問ももたない。なぜでしょう?なぜなら今までずっとそうしてきたから。
クリエイティブディレクター・廣木リカ

 

コレクション賞だけが新作発表の場なんて業界関係者しかしらない。

業界関係者による業界関係者のための常識であって、洋服を買うお客さんには関係ないことでしょ。
クリエイティブディレクター・廣木リカ

 

諸君、こちらが典型的地方中心都市出身の得意技、「歴史を遡り無理やり東京を下に見るラリアット」です。

返し技はベタな名産を褒める系東京人から見たら、地方都市は皆同じですからクラッチ。
エディター・川島レミ絵

 

マウンティング、おさらいしましょう。恋愛、仕事、お金、持ち物、様々な要素を踏まえて、自分より上、自分より下と何の根拠もなく勝手な基準で順位をつける。

何をもって勝ちなのか不明だが、それも含めてマウンティング。女の格付けはどこにでもある、ある。
エディター・川島レミ絵

中途半端な悪役が一番使えない。および記憶に残らない。
ブランド創始者・矢野竜子

あなたの仕事はデザイナー、一度くらい、その仕事に賭けてみたら。

その仕事が評価されれば、過去にあなたが何をしてようと、たいした問題じゃなくなると思うけど、つまり、あなたを救うことができるのは、命がけの仕事しかない。生きるも死ぬも、仕事次第。
新人デザイナー・吉成ちなみ

 

だいたい人ってそんなも単純なものなんですかね。

一心不乱に仕事している人とか、人生かけて仕事している人とか、成功している人とか、皆そんなドラマチックなトラウマ抱えて、それをバネにしている人ばかりなんですか。
新人デザイナー・吉成ちなみ

 

絶対?この世界に絶対なんてないと思うけど。
クリエイティブディレクター・廣木リカ
スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

お友達に拡散してね♪