ドラマ『なつぞら』の名セリフ・名言集

連続テレビ小説「なつぞら」

戦後、北海道の大自然、そして日本のアニメーション草創期を舞台に、まっすぐに生きたヒロイン・なつの夢と冒険、愛と感動のドラマ。

ドラマ内にに登場した名セリフ・名言集をまとめています。

 

第1週~7週の名言集

主人公・奥原なつ:

間違ってるとは言えません。言いたくありません。 (@19話)


富士子の父・柴田泰樹:

するからには頑張れ。1番になれ。 (@19話)


富士子の父・柴田泰樹:

今のお前の仕事は演劇で主役をやることだ。 (@19話)


主人公・奥原なつ:

「お兄ちゃんと千遥に 今でも毎日会いたいです。会いたくて..会いたくてたまりません。」 (@19話)


演劇部顧問・倉田隆一:

「下手」というのは、何かをやろうとして出来ない奴のことだ。

お前はなにもやろうとしていない。下手以下だ。 (@21話)


演劇部顧問・倉田隆一:

お前のセリフには魂が見えてこないんだっ! (@21話)


青年画家・山田天陽:

魂なんて どこに見えるんですか? 魂なんて作れませんよ。 (@21話)


演劇部顧問・倉田隆一:

登場人物の気持ちや魂なんて どこにもないんだ。これはただの台本だ。

俺の魂は入っているが、役の気持ちや魂なんてものは存在しない。

それは これを読んだお前ら一人一人の中にしか存在しないんだ。

役の気持ちや魂を感じるのは、お前らの気持ちや、お前らの魂だっていうことだ。 (@22話)


演劇部顧問・倉田隆一:

これを演じるためには、自分の気持ちや、自分の魂を使って 演じるしかないんだ。 (@22話)


演劇部顧問・倉田隆一:

奥原なつ らしく自分の気持ちや、自分の魂を見せるしかないんだよ。

それが演劇を作るってことだ。 (@22話)


幼馴染・小畑雪次郎:

先生は 自分らしくなんて言うけど、自分らしく演じることが一番難しいじゃねえかな。 (@22話)


幼馴染・小畑雪次郎:

僕ら俳優は 役の心を見せるためだけに集中しなくちゃダメなんだ。 (@22話)


同級生・柴田夕見子:

台本は 与えられた環境にすぎなくて、その中で生きるのは自分自身だってことだよ。 (@22話)


同級生・柴田夕見子:

私は 努力して この町から出ていきたいの。

何になるとかじゃなくて 自由になるために。 (@25話)


柴田家の母・富士子:

もしも..もしもよ いざという時には、私のことは無理に 母親だと思わなくていいからね。 (@28話)


同級生・柴田夕見子:

自分の生きる場所は 自分で選べるような人間になりたいのさ。 (@32話)


青年画家・山田天陽:

何でもできるってことは 何にもないのと同じだよ。 (@33話)


主人公・奥原なつ:

怒りや悲しみは どうしたら 消えるんですか?

森に住む・阿川弥市郎:

自分の魂と向き合うそかないべな。消さずに それを込めるんだ。 (@37話)


森に住む・阿川弥市郎:

怒りや悲しみから 新たな絶望を生まないために 俺はこうやって この木の中に閉じ込めてる。 (@37話)


柴田家の母・富士子:

一人で苦しみたいなら 家族はいらないっしょ.. (@38話)


青年画家・山田天陽:

もともと人間の生き方に いいも悪いもないんだよ。

それは 人間がこしらえた観念にすぎないのさ。(@39話)


ナレーション:

自然な気持ちが 時には 一番 不自然なこともあるよな。(@39話)


富士子の父・柴田泰樹:

東京で幸せになるなら それも立派な親孝行じゃ。それを忘れるな。(@40話)


青年画家・山田天陽:

俺にとっての広い世界は ベニヤ板だ。そこが 俺のキャンバスだ。

何もないキャンバスは広すぎて、そこい向かってると自分の無力ばかり感じる。

けど そこで生きている自分の価値は ほかのどんな価値にも流されない。(@42話)


主人公・奥原なつ:

現実の私を幸せにしてくれたのは 柴田家の家族です。(@43話)


 

第8週~の名言集

なつの幼馴染・佐々岡信哉:

悲しみから生まれた希望は 人を強くします。

喜びから生まれた夢は 人を優しくします。(@48話)


 
 

現在、書き起こし中です…
スポンサーリンク
レクタングル(大)
スポンサーリンク
レクタングル(大)