巨人軍・坂本勇人の記憶に残る名語録・名言集

坂本勇人(Sakamoto Hayato)

兵庫県伊丹市出身のプロ野球選手。右投右打。読売ジャイアンツ所属。2016年にセントラル・リーグの遊撃手史上初となる首位打者を獲得。

坂本勇人の名語録

ラクしてる限り良くなっていかない。

 

考えて、悩んで練習するっていうのがレギュラーの責任。

 

一年間ケガをしないでチームにいるっていうことが一番大事。

 

「一流」と「超一流」の違いは『怪我をしない』。

 

上手くならないですよね、自分の感覚でずっと野球やってたら。人の感覚取り入れないと。

 

失敗をする度に反省は出てくるので、それを次に生かすことがとても大事。

 

試合で結果が出なければ楽しくない。

 

日々の練習、試合前の準備。試合以外のすべての準備が大事。

 

子どもたちが僕たちの試合を見て、やっぱり野球選手はすごいんだなというプレーを見せたい。

 

日々の準備をしっかりしておけば、集中力も勝負強さも自然と発揮できる。

 

ヒットでもフォアボールでも、出塁したいという気持ちは常に変わらない。

 

自分の結果に左右されない振る舞いをする。

 

自分をちゃんと自分で見ようとする。

 

根拠の無い自信を持って、それを裏付ける努力する。

 

クリーンナップを打つためには打点が大事、打点って打者ではモノ凄い価値のあること。

 

一日一日、目標を設定してクリアしていくことが大切。

 

とにかく野球が好きなんです。

 

チャンスに打順が回ったとき、ドキドキすることはありません。むしろワクワクする。

 

準備をしなければ不安しかない。

 

もっと自分の成績にストイックにならなければ

 

スポンサーリンク
レクタングル(大)
スポンサーリンク
レクタングル(大)