【随時更新】ヤクザ・暴力団幹部らの衝撃的な名言集

ヤクザ・暴力団幹部らの衝撃的な名言集

五代目山口組宅見組組長・宅見勝:

ヤクザの基本は家族でないとあかん。あんまり大きなって行政府みたいになったらヤクザと違う。
 
あくまで親分の家に女房も子供も組員も一緒になってひとつ釜のメシを食うのがヤクザですわ。

 

三代目山口組山次組組長・山本次郎:

仮に10億円の資本があって会社を作るとして、社員が何人要るか。どれだけオフィスが必要か。社屋にどれだけ固定資産税を取られるか。
 
金貸しなら10億のカネを一人で貸すことができる。

借り手から返させる力があったら、はっきり言うたるわ、金貸しが一番ぼろい。

 

新宿の帝王と呼ばれた男・加納貢:

座ったやつは座った椅子に縛られる。オレは自由でいたいから、万年のように死ぬまで立ってるよ。

 

道仁会永田組組長・永田稔:

ムショは男を鍛えるトレーニングセンター

三代目山口組組長・田岡一雄:

日本が新しく生まれかわったと同時に、極道も生き方を変えていくべきではないのか。それには各自が正業を持つことである。
 
魚屋でもいい、喫茶店でもいい、駄菓子屋だっていいではないか。一応生活の安定があれば悪事に走る者はすくなくなるはずだ。

 

浪川睦会会長・浪川政浩:

私は平和主義者ですから争いは嫌いです。

昨日があって、今日が来て、明日が来る、この三つを静かに繰り返し、そして何の名誉も残さず自分の人生を全うしたい、これが本音です。

 

三代目山口組組長・田岡一雄:

たとえわし一人になっても、山口組は解散しない。

 

三代目工藤會会長・溝下秀男:

親を殺された恨みは忘れるけど、財産盗られた恨みは人間、忘れんとですよ。

 

稲川組・出口辰夫:

相手がいっぱいでな、こっちは一人、どうもがいても勝てねえとき、そりゃ、当然締められるだろ。

そういうときには、痛えとか助けてくれと言っちゃ、終まいなんだ。オレたちで一番大事なのはそういうときだけなんだ。

そういうときの態度だけが他人に語られるんだ。

 

六代目山口組後藤組組長・後藤忠政:

ヤクザはたいてい肝臓をやられるんだ。死因の3分の1が肝臓病だといわれるぐらいでさ。

一番の原因は刺青。刺青入れる時に、針で汗腺を潰すから、汗をかかんようになって、体ん中の悪いもんを外に出せなくなる。

それが溜まって、肝臓がやられるんだ。

 

四代目山口組組長・竹中正久:

わしらにも人権はある。人殺ししたとしてもやなあ、裁判受けとるやないか、ええッ。

わしが犬か豚か虎か狼やったら、人殺しても裁判受けさすか。せえへんやろ。人間やから裁判受けさせるんや。

 

三代目山口組組長・田岡一雄:

トップはな、みんな孤独やないとおかしいんや。

孤独でないトップや、孤独を怖がったり、嫌がったりするトップは、本当はトップやないやろな。

icon-warning 随時名言を追加中 icon-warning

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

お友達に拡散してね♪