サッカー・中田英寿の名語録・名言集

中田英寿(Nakata Hidetoshi)

日本サッカーの歴史において、絶対に外すことのできない選手の一人といえば、“中田ヒデ”こと中田英寿さん。彼が残した言葉、名言を厳選しました。

中田英寿の名言集

自分にできることを積み重ねていけば、必ず流れが変わる日が来る。それを信じていられるうちは、どんなことにも耐えられるよ。

海外でプレーすること、海外で生活することを特別だと思ったことは一度もなかった。

困難があったとしても、それが自分の仕事だから。

頑張るのは当たり前で、あえて口に出して言うことではなく、その上で何が出来るのかを考え、実行するのがプロでしょう。

どうすれば自分がいちばん楽しいか、一番気持ちいいか。それを自分で考えて、自分で選ぶこと。

しかもそれは、今まではこうだったとか、他の大勢の人から見てこう思われるとか、そうゆう枠すら取っ払った、もっと自由で自然体なもの。

スすることを恐れては勝利はない。

それがどんなに大きなミスであっても、ミスしたことを後悔はしない。

それも自分の実力の一部であるし、勝つためには避けて通れないチャレンジだから。

物事はできるだけ簡単にいくほうがいいけど、難しくないと面白くない。

自分が自分に「良くやっている」って思ったら、その時にはもう終わりが近いってことだよ。

プロは練習が嫌いになるくらい練習するのが当たり前。だから僕は練習が嫌い。

サッカーは変化があって初めて面白い。

相手の裏をついて、初めて面白かったりするわけだよね。

基本ができていなければ、それは必ずどこかで破綻する。

どうすれば自分がいちばん楽しいか、いちばん気持ちいいか。

それを自分で考えて、自分で選ぶこと。

騒がれるのは大嫌いだし、騒がれている自分について話すのなんてもっと嫌いだ。

自分の選択と決断に後悔はない。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

お友達に拡散してね♪