ドラマ『特命係長 只野仁』の名セリフ・名言集

ドラマ『特命係長 只野仁』

只野仁は大手広告代理店・電王堂の窓際係長。しかしそれは表の顔にすぎず、「会長直属の特命係長として、さまざまなトラブルを解決する」という顔があった。

『特命係長 只野仁』の名言

女ってのは化粧と髪型でまるで別人にだってなれてしまうんだよ。


長く強く楽しく人生を続けたいのなら最高のスポーツであるセックスをし続けることだ。


他人のふんどしで相撲する限り、あんたは一生負け犬なんじゃないかな。


自分の弱さを認めた人間ほど、強いものはない。


男にとって「男の幸せな人生」だったかどうかなんて、死ぬ間際になってやっとわかるもんだと思うがな。


人生の天国と地獄ってのはじつは紙一重の関係なのかもな。


女ってのは化粧と髪型でまるで別人にだってなれてしまうんだよ。


傷害事件とは えてしてこういう短絡でバカげた人間が引き起こすモノだ。


悲しきかな・・男の性による弱さよ。だからこそ世の中は面白いのだが。


人生に絶対!なんて存在しないのですよ。


それにしても・・人妻の下半身が完全にゆるくなってしまった・・これからの時代・・ソレを狙った男の犯罪が増えていくだろう・・


日本人はみんな・・みんな・・本当の自分をどこか隠し去ってウソの世界に生きているんだ!


只野は女の尻はよく叩くが女を殴ったことは一度もない。


人のことを蹴落とさなきゃスターでいられないなんて、自分で才能がないって言ってるようなもんだろ。


会社は個人がいないと成り立たない。なのに、しばしば個人を犠牲にしようとする。


愛の知識は語れても、人間としての常識は語れなかった。ただそれだけだよ。


エリートには敵が多いんだよ。本当のエリートは、むしろ敵を作らず、仲間を増やしながら、成功をおさめるものじゃないですか。


数字だけで出世するやつは、最後は必ず破滅する。


突然 成功した人間は、人を見下して、自分の地位を確認せな、安心できんのや。


みんな誰かに頭下げて、一生懸命生きてるんだよ。


俺は死ぬのが怖くないんだよ。あの世で愛しい奴らが待ってるからな。


スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

お友達に拡散してね♪