【早稲田大学創立者】大隈重信の心に刻みたい言葉・名言集

大隈重信(okuma shigenobu)

政治は、学問や科学ではない。術である。

人の心を知るという術なのです。人の心を察する―

こう云うと悪くすると陰険らしくも聞こえるがそうではない。他人の苦は自己の苦しみであるという、ここの同情から多数の幸福が得られてよい政治が生まれるのです。

 

人の志操は失意の時に真にして、人の情好は失意の時に密なるものである。

 

枝葉を切っても木は蘇らない。

根元を掘って自然の力、太陽光を根にあてて水を注げば、木は蘇生する。

 

施して報を願わず、受けて恩を忘れず。

 

若い人は高尚な理想を持たなければならない。そしてそれを行う勇気がなければならない。
スポンサーリンク
レクタングル(大)
スポンサーリンク
レクタングル(大)