フランツ・カフカの名語録・名言集

フランツ・カフカ(Franz Kafka)

保険局に勤めながら作品を執筆、どこかユーモラスで浮ついたような孤独感と不安の横溢する、夢の世界を想起させるような独特の小説作品を残した。

フランツ・カフカの名言集

多くの書物には、自分自身の城内の未知の広間を開く、鍵のような働きがある。

恐れを持つことは不幸だ。それゆえに、勇気を持つことが幸せなのではなく、恐れを持たないことが幸せなのだ。

悪の最も効果的な誘惑手段の一つは闘争への誘いだ。

悪は善のことを知っているが善は悪のことを知らず。

死ぬものは皆、生きている間に目的を持ち、だからこそあくせくして命をすり減らす。

信頼が失われたならば、何を語っても意味がない。

歴史はたいてい役所仕事によって創作されるのです。

人間を吟味せよ。疑う者には疑わせ、信じる者には信じさせよ。

人が通ったところに、道は出来る。

精神は、支えであることをやめるときに、はじめて自由となる。

誰もが真実を見ることができるとはいえない、しかし真実であることはできる。

青春が幸福なのは、美しいものを見る能力を備えているためです。美しいものを見る能力を保っていれば、人は決して老いぬものです。

人間には他のあらゆる罪悪がそこから出てくる二つの主な罪悪がある。すなわち短気と怠惰。

あなたと世の中との戦いなら、世の中のほうに賭けなさい。

 

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

お友達に拡散してね♪